【葛飾北斎が富嶽三十六景の絵の枚数は46枚】


東海道五十三次の絵の枚数は55枚、これは53の宿場に両端の
の日本橋と三条大橋を加えた枚数ですね。

では、葛飾北斎が富嶽三十六景の絵の枚数は46枚、これはどのような説明
になるのでしょうね。


●歌川広重 東海道五十三次宿場位置推定マップ
http://www.arcgis.com/apps/MapTour/index.html?appid=eb787b3d08d14d069961aa3174658d7e&webmap=c8c154bac0f44533bdd1b7b0b95eb102


●葛飾北斎が富嶽三十六景を描いたと推定される位置マップ
http://ej.maps.arcgis.com/apps/MapTour/index.html?appid=5a5492421fde477c8a1db9ae969b545f&webmap=cd64152a7848400e9c70eb0f076c4a70

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/05/31 16:53:25
  • 終了:2015/06/01 18:50:13

ベストアンサー

id:a-kuma3 No.2

a-kuma3回答回数4545ベストアンサー獲得回数18952015/06/01 15:28:13

きっと、37枚目以降が追加分なのでしょうね。

37枚目というのが、質問に書かれている地図サイトの背番号を指しているのであれば、ちょっと違うようです。
表富士と裏富士の一覧を載せているサイトがこちら(出自がよく分からないので、二つほど)。

質問で書かれた地図サイトの37番目から拾ってみると

  • No.37 - 東海道金谷ノ不二 - 「裏」
  • No.38 - 遠江山中 - 【表】
  • No.39 - 東海道吉田 - 【表】
  • No.40 - 尾州不二見原 - 【表】
  • No.41 - 甲州犬目峠 - 【表】
  • No.42 - 甲州三坂水面 - 【表】

裏富士の番号を拾った方が早そうです。

  • No.5 - 本所立川
  • No.15 - 従千住花街眺望の不二
  • No.20 - 東海道品川御殿山の不二
  • No.26 - 相州仲原
  • No.30 - 駿州片倉茶園の不二
  • No.31 - 駿州大野新田
  • No.34 - 諸人登山
  • No.37 - 東海道金谷の不二
  • No.43 - 甲州伊沢暁
  • No.46 - 身延川裏不二

何かの決まった順番ではあるみたいですけど、裏富士が後で追加されたもの、ということが本当なら出版順で並べているわけではないようです。

id:mkonomi

丁寧な説明ありがとうございます。
よく理解できました。

2015/06/01 18:49:58

その他の回答(1件)

id:gm91 No.1

GM91回答回数1017ベストアンサー獲得回数912015/05/31 16:56:14

wikiに
作品が人気を集めたため追加で10枚が発表され、計46枚になった。

って書いてあるのですが、これは信憑性が低いってことですか?

他2件のコメントを見る
id:a-kuma3

美術館のサイトだったら、もっと信用できる?

《表富士と裏富士》
 「冨嶽三十六景」シリーズは全46枚の揃物です。先に36枚が出版され、人気を得て10枚が追加されたと考えられています。輪郭線が藍摺りの36枚は通称「表富士」、黒摺りの10枚は「裏富士」と言われています。「身延川裏不二」は、深い岩山のかなたに山梨県側から見た裏富士の姿が描かれています。

北斎「冨嶽三十六景」 | MOA美術館
2015/05/31 18:09:33
id:mkonomi

輪郭線の色の違いがあるのですね。

2015/06/01 18:48:01
id:a-kuma3 No.2

a-kuma3回答回数4545ベストアンサー獲得回数18952015/06/01 15:28:13ここでベストアンサー

きっと、37枚目以降が追加分なのでしょうね。

37枚目というのが、質問に書かれている地図サイトの背番号を指しているのであれば、ちょっと違うようです。
表富士と裏富士の一覧を載せているサイトがこちら(出自がよく分からないので、二つほど)。

質問で書かれた地図サイトの37番目から拾ってみると

  • No.37 - 東海道金谷ノ不二 - 「裏」
  • No.38 - 遠江山中 - 【表】
  • No.39 - 東海道吉田 - 【表】
  • No.40 - 尾州不二見原 - 【表】
  • No.41 - 甲州犬目峠 - 【表】
  • No.42 - 甲州三坂水面 - 【表】

裏富士の番号を拾った方が早そうです。

  • No.5 - 本所立川
  • No.15 - 従千住花街眺望の不二
  • No.20 - 東海道品川御殿山の不二
  • No.26 - 相州仲原
  • No.30 - 駿州片倉茶園の不二
  • No.31 - 駿州大野新田
  • No.34 - 諸人登山
  • No.37 - 東海道金谷の不二
  • No.43 - 甲州伊沢暁
  • No.46 - 身延川裏不二

何かの決まった順番ではあるみたいですけど、裏富士が後で追加されたもの、ということが本当なら出版順で並べているわけではないようです。

id:mkonomi

丁寧な説明ありがとうございます。
よく理解できました。

2015/06/01 18:49:58

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません