匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

イスラム教ではイスラム教徒の女性は、キリスト教の男性と結婚できるのですか。結婚のときには、イスラム教は続けるのですか、キリスト教に回収するのですか。いま、どうであるのか、昔はどうであったのか、確認したいです(昔の一般の人)。一つ目の質問です。


さて、二つ目の質問ですが、「キプチャク汗国のウズベクハンは、妹を、モスクワ大公のユーリーに嫁がせた」という記事がありました(Wikipedia)。キプチャクのタタールの人たちは、このころ、イスラム教徒だったと思います。モスクワ大公は、キリスト教徒のはずなので、どういうことだろうか、と思いました。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/06/11 22:51:01
  • 終了:2015/06/18 22:55:06

ベストアンサー

匿名回答1号 No.2

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/06/15 21:52:34

> タタール人は、当時、すでにムスリムだったと思われます。

というのはやや事実誤認があるようですね。

首都サライを預かる将軍クトゥルグ・ティムールはクリルタイを開催し、トクタの息子がハンに即位するべきだと主張し、イスラム教の信仰を否定する者を殺害するウズベクの排除を主張した[1]。

ジョチ・ウルス内のムスリムの数は少なく、ウズベクは領内の非ムスリムに武力による改宗と服従を迫った。1314年にマムルーク朝のもとに派遣された使節は、ウズベクがイスラームへの改宗のために戦い、反抗するものに弾圧を加えたと述べた[23]。しかし、一方ではキリスト教徒に対して寛大な態度を示し、教皇ヨハネス22世から感謝状が贈られた[24]。

たぶんこの2つの記述は同じ出来事を指しているのだと思いますが、要約すると、
キリスト教は例外とし、他の非ムスリムに対しては強行に改宗を迫った、
という事になりそうです。
そして文章冒頭からは、領内のムスリム人口はまだ少なかったという事実も拾えます。

ウズベクは軍勢を集めて敵対する将軍、仏教徒、シャーマン、100名以上の王族を殺害し、

この説明からは、国家の重要な会議に仏教徒やシャーマンが出席していたという事で、
当時のキプチャク・ハン国は多宗教国家であったように思われます。
カリフ制の復興を目指す現代のイスラム運動でもその思想の根底にあるのは、
イスラム教指導者による支配のもとでこそ全ての住民が平和に暮らせる、
というものであって、被支配民がどんな宗教でも構わないというスタンスなわけですし、
イスラムの教えに従うならば、
なにも統一宗教国家である必要性はそもそも無いはずなんです。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%81%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9

また、ウズベクは支配下の遊牧民をイスラム教に大々的に改宗させ、ジョチ・ウルスのイスラム化がこの頃急速に進んだ。

従って、タタール人はすでにムスリムだったのではなく、
当のウズベク本人がムスリムへの改宗を民衆に強要したと見るべきでしょう。

なお、確かにイスラム教に熱心である事実は随所に認められるわけなのですが、
イスラム教の知識が豊富であるという事を示す証拠はどこにも無いんですね。
グーテンベルグよりも前の時代です。
誰もがイスラム法典を所持できたわけではありません。
宗教指導者なら所持していたかもしれませんが、
この時代の政治的支配者がそれを所持し、
内容にまで精通していたとはちょっと考えにくいのです。
だからイスラムの掟を踏み越える事も日常的に行われていたでしょう。
知らない掟については守りようがありませんから。
だから、歴史的な出来事を現代人の尺度で解釈しようとしてはいけないという、
1つのよい例なんだと思いますよ。

匿名質問者

ありがとうございました。
当時のイスラム教徒(ロシア平原にいたタタール系の)が、キリスト教徒と結婚したとして、それは十分ありうる話だと思いました。
ウズベクが、イスラム改宗を推進していたとするなら、彼の妹も、すでにムスリムになっていた可能性も強いとは思いますが、そういう状況であれば、ムスリム女性が、キリスト教男性と婚姻しても不思議ではないと思いました。その際、キリスト教に飼改宗しなおしたか、どうか、あまり気にしても仕方ないですね。

2015/06/21 21:12:13

その他の回答(1件)

匿名回答3号 No.1

匿名回答3号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/06/12 09:39:42

一般論としていえば、ムスリム(イスラム教徒)の女性は、非ムスリムの男性とは結婚できない。

参照: http://www.zawaj.com/articles/outside.html

(歴史的な事件のことは知りません)

匿名質問者

貴重なサイトのご紹介をありがとうございます。

2015/06/13 01:12:31
匿名質問者

質問者から

匿名質問者2015/06/13 01:50:49

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%BA%E3%83%99%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%B3
<ウズベク・ハン> 
「ジョチ・ウルスとルーシ諸侯の関係」から、引用します。

1315年にトヴェリの支配に反発したノヴゴロドが反乱を起こすとウズベクはトヴェリ公ミハイル・ヤロスラヴィチに軍勢を貸し与えて鎮圧を命じ、翌1316年にミハイルがモンゴルの力を借りずに再発したノヴゴロドの反乱を鎮圧しようとする、トヴェリをより危険視するようになる[17]。政略の一環としてユーリーのもとにウズベクの妹クンチェクが嫁ぎ、ユーリーはモンゴル軍を伴ってトヴェリを攻撃するが、1317年12月22日のボルテネヴォの戦いでモスクワ軍はトヴェリ軍に敗北する[18]。この戦いでクンチェクはトヴェリに捕らえられるが、戦後すぐにクンチェクはトヴェリで病死し、彼女はミハイルに毒殺されたという噂が流れた。

皆様、大変失礼いたしました。タタールの支配者が、妹を、ロシア人に嫁がせた、という内容を示す部分です。タタール人は、当時、すでにムスリムだったと思われます。

匿名回答1号 No.2

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/06/15 21:52:34ここでベストアンサー

> タタール人は、当時、すでにムスリムだったと思われます。

というのはやや事実誤認があるようですね。

首都サライを預かる将軍クトゥルグ・ティムールはクリルタイを開催し、トクタの息子がハンに即位するべきだと主張し、イスラム教の信仰を否定する者を殺害するウズベクの排除を主張した[1]。

ジョチ・ウルス内のムスリムの数は少なく、ウズベクは領内の非ムスリムに武力による改宗と服従を迫った。1314年にマムルーク朝のもとに派遣された使節は、ウズベクがイスラームへの改宗のために戦い、反抗するものに弾圧を加えたと述べた[23]。しかし、一方ではキリスト教徒に対して寛大な態度を示し、教皇ヨハネス22世から感謝状が贈られた[24]。

たぶんこの2つの記述は同じ出来事を指しているのだと思いますが、要約すると、
キリスト教は例外とし、他の非ムスリムに対しては強行に改宗を迫った、
という事になりそうです。
そして文章冒頭からは、領内のムスリム人口はまだ少なかったという事実も拾えます。

ウズベクは軍勢を集めて敵対する将軍、仏教徒、シャーマン、100名以上の王族を殺害し、

この説明からは、国家の重要な会議に仏教徒やシャーマンが出席していたという事で、
当時のキプチャク・ハン国は多宗教国家であったように思われます。
カリフ制の復興を目指す現代のイスラム運動でもその思想の根底にあるのは、
イスラム教指導者による支配のもとでこそ全ての住民が平和に暮らせる、
というものであって、被支配民がどんな宗教でも構わないというスタンスなわけですし、
イスラムの教えに従うならば、
なにも統一宗教国家である必要性はそもそも無いはずなんです。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%81%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9

また、ウズベクは支配下の遊牧民をイスラム教に大々的に改宗させ、ジョチ・ウルスのイスラム化がこの頃急速に進んだ。

従って、タタール人はすでにムスリムだったのではなく、
当のウズベク本人がムスリムへの改宗を民衆に強要したと見るべきでしょう。

なお、確かにイスラム教に熱心である事実は随所に認められるわけなのですが、
イスラム教の知識が豊富であるという事を示す証拠はどこにも無いんですね。
グーテンベルグよりも前の時代です。
誰もがイスラム法典を所持できたわけではありません。
宗教指導者なら所持していたかもしれませんが、
この時代の政治的支配者がそれを所持し、
内容にまで精通していたとはちょっと考えにくいのです。
だからイスラムの掟を踏み越える事も日常的に行われていたでしょう。
知らない掟については守りようがありませんから。
だから、歴史的な出来事を現代人の尺度で解釈しようとしてはいけないという、
1つのよい例なんだと思いますよ。

匿名質問者

ありがとうございました。
当時のイスラム教徒(ロシア平原にいたタタール系の)が、キリスト教徒と結婚したとして、それは十分ありうる話だと思いました。
ウズベクが、イスラム改宗を推進していたとするなら、彼の妹も、すでにムスリムになっていた可能性も強いとは思いますが、そういう状況であれば、ムスリム女性が、キリスト教男性と婚姻しても不思議ではないと思いました。その際、キリスト教に飼改宗しなおしたか、どうか、あまり気にしても仕方ないですね。

2015/06/21 21:12:13
  • 匿名回答1号
    匿名回答1号 2015/06/11 23:30:31
    > 「キプチャク汗国のウズベクハンは、妹を、モスクワ大公のユーリーに嫁がせた」という記事がありました(Wikipedia)

    せめて正確に引用してくれない事には調べる手がかりすら掴む事もできないわけで。
    リンクでもあるならばまた違うんだけれども。
  • 匿名回答2号
    匿名回答2号 2015/06/11 23:54:15
    ここ見れば年代は分かる >1号
    http://rinshi.sakura.ne.jp/txt/Mongolia4.html

    質問者のタイプが分かるという貴重な情報。
  • 匿名質問者
    匿名質問者 2015/06/13 01:01:17
    イワン雷帝の母親ですが、大貴族出身ですが、その家柄は、タタールの支配者の血を引くそうです。すると、タタール人がどこかで、キリスト教徒であるロシア人に嫁いだか、タタール人がどこかでキリスト教徒に改宗したか、ということになります。
    なにかよほどのことがあったのか、知りたいと思っています。

     ムスリムのキリスト教徒への改宗は、現実的にありえるのか、疑問です。
     イスラム教では、それは禁止されていると思いますし。
     よほどのことがないと、無理だと思えます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません