青空文庫で読める三人称一元視点の小説


三人称一元視点の小説が読みたいです。青空文庫か、またはそれ以外のサイトで無料で読める小説を教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/06/12 16:45:12
  • 終了:2015/06/18 10:32:37

ベストアンサー

id:jo_30 No.4

jo_30回答回数655ベストアンサー獲得回数532015/06/16 23:18:33

ポイント40pt

三人称一元視点、といわれると、文学史上なら横光利一の「蠅」があがると思いますが…。馬車の乗客を「蠅」の視点から眺めて描いたと言われる作品。
ただ、質問者さんが期待される「三人称一元視点」とは、そういう実験的な何かではなくて、一人称小説を「彼」で書いたみたいな作品でしょうか。

明治末から書かれた近代小説の多くは、一元視点のものが多いので、三人称でも一元視点になりがちですね。特に、読み手が主人公に感情移入しやすそうな設定であれば…田山花袋「蒲団」「田舎教師」、鴎外の「青年」、漱石の「三四郎」なんかがそう。

時代的には、私小説の作品にも多いと思います。葛西善蔵の「子を連れて」は私小説ですが三人称。また、印象的な作家となると、少し時代が下って梶井基次郎でしょうか。教科書によく載っている「檸檬」は一人称ですが、「城のある町にて」「のんきな患者」「冬の日」など、三人称一元視点ですね。

ちなみに、個人的なベストをオススメするなら、
横光利一「春は馬車に乗って」http://www.aozora.gr.jp/cards/000168/files/904.html
が最高です。これまで日本語で書かれた短編小説の中で、ベストワンに限りなく近い一作と思います。

id:sanma3

丁寧な回答を書いていただきありがとうございます。
「春は馬車に乗って」拝見しました。良い小説ですね。
文の書き方を学ぼうと読んでいましたが、いつの間にか夢中になって読みふけってしまいました。

2015/06/18 10:35:04

その他の回答(3件)

id:NAPORIN No.1

なぽりん回答回数4697ベストアンサー獲得回数8612015/06/12 18:48:53

ポイント25pt

羅生門とか? 

芥川龍之介 羅生門

id:sanma3

ありがとうございます。

2015/06/18 10:35:29
id:kitiko No.2

kitiko回答回数463ベストアンサー獲得回数422015/06/12 21:13:59

ポイント25pt

太宰治の『お伽草子』とかでしょうか。
一元論的で三人称が多めです。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/307_14909.html

id:sanma3

ありがとうございます。
学がないので難航していますが、少しずつ読んでみます。

2015/06/18 10:36:54
id:pente40 No.3

pente40回答回数218ベストアンサー獲得回数212015/06/12 22:53:06

ポイント25pt

こんなのかなあ。

頭ならびに腹
横光利一
http://www.aozora.gr.jp/cards/000168/files/2158_23275.html

親という二字
太宰治
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/309_20136.html

id:a-kuma3

完全無欠の三人称 >「頭ならびに腹」
完全無欠の一人称 >「親という二字」

2015/06/14 01:11:29
id:sanma3

回答ありがとうございます。
a_kuma3さんも、補足ありがとうございます。

2015/06/18 10:38:41
id:jo_30 No.4

jo_30回答回数655ベストアンサー獲得回数532015/06/16 23:18:33ここでベストアンサー

ポイント40pt

三人称一元視点、といわれると、文学史上なら横光利一の「蠅」があがると思いますが…。馬車の乗客を「蠅」の視点から眺めて描いたと言われる作品。
ただ、質問者さんが期待される「三人称一元視点」とは、そういう実験的な何かではなくて、一人称小説を「彼」で書いたみたいな作品でしょうか。

明治末から書かれた近代小説の多くは、一元視点のものが多いので、三人称でも一元視点になりがちですね。特に、読み手が主人公に感情移入しやすそうな設定であれば…田山花袋「蒲団」「田舎教師」、鴎外の「青年」、漱石の「三四郎」なんかがそう。

時代的には、私小説の作品にも多いと思います。葛西善蔵の「子を連れて」は私小説ですが三人称。また、印象的な作家となると、少し時代が下って梶井基次郎でしょうか。教科書によく載っている「檸檬」は一人称ですが、「城のある町にて」「のんきな患者」「冬の日」など、三人称一元視点ですね。

ちなみに、個人的なベストをオススメするなら、
横光利一「春は馬車に乗って」http://www.aozora.gr.jp/cards/000168/files/904.html
が最高です。これまで日本語で書かれた短編小説の中で、ベストワンに限りなく近い一作と思います。

id:sanma3

丁寧な回答を書いていただきありがとうございます。
「春は馬車に乗って」拝見しました。良い小説ですね。
文の書き方を学ぼうと読んでいましたが、いつの間にか夢中になって読みふけってしまいました。

2015/06/18 10:35:04

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません