日本語を勉強しています。よかったら教えてください。


NHKニュースの内容

1,平成15年から21年までの6年間続いたイラクの復興支援活動では、21人の陸上自衛隊員と8人の航空自衛隊員が、派遣後、在職中に自殺していて、自殺した隊員は2つの海外派遣で合わせて56人に「なります」。

⇒なぜ「なりました」でなく、「56人になります」でしょうか。また、「なりました」に変えると、ニュアンスはどう変わりますか。


2,次のような普段の会話で、ニュースと同じニュアンスを出したい場合は、やはり「なった」ではなく、「なる」を使うのですか。もしそうでなかったら、会話で同じニュアンスを出したいとき、どう言うべきでしょうか。

⇒「なくなった自衛隊員何人いるの?」
 「56人になる」


3,単に「今年は大学3年生に なる/ 今年は30才に なる」と言われても、「もうすでにそうなったのか、それともすぐそうなるのか」は分からないですよね。では、すでにそうなった場合は、「なりました」でなく、あえて「なります」を使うのは、なんのニュアンスを出そうとしているでしょうか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/06/15 06:58:13
  • 終了:2015/06/22 07:00:06

回答(5件)

id:pogpi No.1

pogpi回答回数357ベストアンサー獲得回数462015/06/15 08:37:40

1 56人という数の多さを強調しています。「なりました」だと、事実を述べただけという感じになりますね。
2 「も」を付けて、「56人にもなるんだってよ」とかでどうですか。
3 既にそうなった場合、普通は使わないでしょう。あえて使っても変なだけですね。

『「56人になります」でしょうか』は、『「56人になります」なのでしょうか』の方が自然ですね。

id:yihui66

ご回答、ありがとうございます。そして、「なの」ですね(笑)分かりました。

2015/06/16 11:38:32
id:NAPORIN No.2

なぽりん回答回数4612ベストアンサー獲得回数8462015/06/15 11:25:40

1,⇒なぜ「なりました」でなく、「56人になります」でしょうか。また、「なりました」に変えると、ニュアンスはどう変わりますか。

「なりました」は良いニュース、「なります」は問題視するニュースというニュアンスがあります。

あなたは20歳になりました。→もう大人、おめでとう
あなたは20歳になります。 →もう大人、ちゃんと考えろ

ただし下の使い方は日本人の間でも「19歳なのか20歳なのかわからない」(若い世代は問題視ではなく単純に未来形とうけとめる)とインターネット上でかなり論議になりました。


2,⇒「なくなった自衛隊員何人いるの?」
 「56人になる」
 
それで使えますが、日常アナウンサーみたいに意識してしゃべっているわけではないので私なら「56人もいるのですって。」といいます。(強調の「も」+伝聞「って」)
 
3,単に「今年は大学3年生に なる/ 今年は30才に なる」と言われても、「もうすでにそうなったのか、それともすぐそうなるのか」は分からないですよね。では、すでにそうなった場合は、「なりました」でなく、あえて「なります」を使うのは、なんのニュアンスを出そうとしているでしょうか。

馬齢を重ねたニュアンスです。体は無駄に年をとりましたが中身はまだ子供だということを自分で謙遜というか、問題視しています。他人には部下を叱るニュアンス以外ではあまり言いません

「4歳になる娘」は3歳なのか? - Togetterまとめ
まあ、「来年」とか「昨日」とか同じ文脈に時制を示す言葉が入ったら区別しやすいですね。「来年30歳になる」のなら29歳、「昨日、30歳になるうちの娘が」なら昨日もすでに30歳。

id:yihui66

詳しいご回答ありがとうございます。教えていただいたリンク先の内容を見たら、思わず笑ってしまいました。「なる」の意味に対する理解は日本人の間でも年代別に違うみたいなのは初めて知りました(笑)

2015/06/16 11:45:49
id:yohei No.3

yohei回答回数4ベストアンサー獲得回数02015/06/15 12:21:55

1 「なりました」は完了なので、ここでこの話題が終わる印象です。「なります」は未完了なので、このあとも話が続くように感じます。実際このニュースでも理由や解説などが続いたのではないでしょうか。


2 この文脈で上記のニュースと同じニュアンスを出すのは難しいです。

「なる」は未完了なので、この文脈では使いません。
回答は質問文の表現に合わせます。
「なくなった自衛隊員は何人いるの?」→「56人いるよ」
「なくなった自衛隊員は何人になりましたか?」→「56人になりました」
「なくなった自衛隊員は何人ですか?」→「56人です」
「なくなった自衛隊員は何人になった?」→「56人」(「56人になった」だとくどく感じます)


3 「なりました」は「なります」の完了形です。
「今年は大学3年生に なる/ 今年は30才に なる」は未完了なので、過去のことではありません。「今年」なので将来のことを言っています。
「今年は大学3年生に なります/ 今年は30才に なります」は「なる」を丁寧に言っています。将来のことです。
「今年は大学3年生に なりました/ 今年は30才に なりました」は「なりました」は完了を意味するので、過去のことです。

id:yihui66

ご回答、ありがとうございます。そうです、ニュースでは「なります」の後、別段落ですが、内容が続きました。その意味で、確かに、「未完了なので、このあとも話が続くように感じる」のも言えるかもしれませんね。

2015/06/16 11:52:19
id:jwrekitan No.4

椶櫚回答回数184ベストアンサー獲得回数672015/06/15 21:25:21

1は確かに違和感がありますね。私なら「なります」の代わりに「上ります」を使うと思います。

2も同様で、「56人になる」という回答は表現として不自然で、「56人に上ります」あるいは単純に「56人です」の方が表現としては適切でしょう。

3については他の方の回答と重なりますが、「今年は~になる」というその文脈で過去を指す事はないと思われます。過去を指すなら「今年で~になりました」でないとおかしい。というか、「今年は~になる」についても、「今年で~になる」のほうが正確でしょうかね(そのへんは文脈次第かとは思いますが)。

ただし、多少間違った「てにをは」を用いようとも、対話相手はその間違っている部分も含めて何を言わんとしているのかを理解できるのが普通ですし、表現がどう間違っているのかについて、いちいちツッコミを入れるような野暮な人もまずいません。つまり、言っている側もどこが間違っているのかに気づく事なく、普段の会話が成り立ってしまうのが実情なのです。そしてその積み重ねがやがて、乱れた言葉(単純化された言語)の普遍化を、世代交代と共に推し進めていくと。つまり、1の質問の「なります」の使用がもし仮に事実であれば、そうした言葉の乱れと呼ばれるものの一例であろうと考えます(表現的に「上ります」の聞き間違いである可能性が否定できないので、結論は濁しておきます)。

id:yihui66

ご説明、ありがとうございます。なるほどですね。ただ、NHKニュースの内容をそのままコピペしただけなので、原文も「なります」ですね。

2015/06/16 11:59:50
id:mododemonandato No.5

mododemonandato回答回数759ベストアンサー獲得回数772015/06/15 22:14:51

 それはとても微妙な「忌み言葉」の問題になります。
 文法にはよらない、習慣でのみ表される感情的な言葉の問題です。
 日本人の間でも意見はわかれ、地方によっても違う微妙なニュアンスが含まれています。

 ① 「なります」は死者を悼む微妙なニュアンスがあり、死者を人として扱う事を意味しています。
 「なりました」は人を物扱いしている感覚があります。
 なのでその言葉を忌み、「なります」を使います。 

 ② 日常でも「56人になる」とか言うべきです。
 「56人になった」というとやはり物扱いしているニュアンスがあります。
 日常の会話では自分で確かめた事ではないので「56人になるそうです」と、言うのが自然な会話になります。

 
 ③ その場合はあまりそのことに触れられたくないというニュアンスがあります。
 年齢を気にする人が、それはプライベートな事なのであまり深く聞かないで欲しいというような時に、ぼやかして言う感じです。
 

id:yihui66

ご回答、どうもありがとうございます。

2015/06/16 12:02:02

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません