リカバリでベストなブートメディアとミラーリングメディアは?


PCの再セットアップを余儀なくされた時、普通に「OSのリカバリ→アプリのインストール」だけでよいのなら問題ないのですが、私は、各アプリやOSの設定をかなり特殊なものにしていますので、単純な方法は不合理です。

ですので、ハード/ソフトが壊れてしまった場合に備えて、外付けフラッシュメモリ/HDD/光ディスク等に、理想的な状態にある二次記憶装置のデータ全体をコピーしておき、ハード/ソフトが壊れた場合にはすぐ、前もって作っておいたメディアからブートした上で、理想的な状態のデータを、対象の二次記憶装置に流し込む事によって、PCを、理想的な状態に、即座に戻せるようにしたいです。

そこで質問です。上記の目的においては、

1)ベストなブート用メディアは?
2)理想的な状態を記憶させておくためにベストなメディアは?

下記は環境等です。

a)OS:Win Vista、7、8、10、OS X 10.6~、Linux
b)理想的な状態のデータ量は 120GB 程度
c)リカバリの時、OS(ブート用のシステム)のネイティブな機能以外は使いたくない

よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/08/03 19:12:15
  • 終了:2015/08/10 05:12:53

ベストアンサー

id:crazycrescent No.1

crazycrescent回答回数47ベストアンサー獲得回数62015/08/07 19:03:42

ポイント100pt

>理想的な状態のデータを、対象の二次記憶装置に流し込む事によって、PCを、理想的な状態に、即座に戻せるようにしたいです。
私もこの目的で、ParagonバックアップでブートUSBを作って、外付けHDDにデータを収めておく、というのをやっています。

Paragonバックアップのいいところは
1:USBブートなので、CDドライブやDVDドライブがない、軽量ノートPCでも、バックアップ&リカバリができる。
2:任意の時点でバックアップが取れるので、「理想的な状態に、即座に戻せる」を満たす。
3:ブート自体はlinuxらしいので、ubuntuでもWindowsでもバックアップが取れる。たぶんなんでも取れると思います。
です。

外付けHDDのいいところは
1:複数のパソコンのバックアップを1台のHDDで取れる。
2:容量があれば、たくさんの時点のバックアップを取れる
でしょうか。
ですので、USBとHDDにラベルを貼って、いっしょに保管してます。
USBもHDDも、故障の可能性を否定出来ないですが、そのあたりはしょうがないかなあ、と思ってます。ブートUSBは、また作れば作れないことないですし。


欠点は、Paragonバックアップのバージョンによって、ブートUSBの作成が極めて面倒くさい、というのがあったと思います。
インストールして登録して、サイトに行って起動用USBを作る.exeを探しまわって、みたいな。
実際にやった人のブログを見つけなかったら、できなかったかもしれません。
http://e130.photossy.com/01lenovo/16paragon2.html ここだったかな。でも、2014年バージョンを手に入れないと、できないんだと思ったなあ。


>理想的な状態のデータ量は 120GB 程度
これは、状態によると思います。linuxのインストール&基本的な設定だと数ギガで住みましたが、いろいろ使えるように手を入れてやると、20~30GBぐらいは行った気がします。


こんなかんじでいかがでしょう?

他1件のコメントを見る
id:akkeyyyy

おお~何か凄みがありますね。私と同じ目的をつきつめた結果を、もったいなくも教えてくださったような……。

今日~明日忙しいため、お教え下さった事を発展させるために検索&まとめることはままなりません。

ですので、このコメントは、取り急ぎのお礼です。

ありがとうございます。時間が出来次第、再度書き込みます。

2015/08/07 23:34:19
id:akkeyyyy

crazycrescent (id:crazycrescent) 様、ごめんなさい、思いのほか空き時間が少なく、質問期間内で書き込めませんでした。また新しく質問を立てるか、それが不適切であれば、自分のためのメモも兼ねて、ここに引き続き書き込むかしたいと思います。

大変失礼な運びとなった事について、お詫び申し上げます。

2015/08/10 05:12:23

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません