ゆるい歯車のようなシステムを教えてください。

私の漠然としたイメージにピッタリくるモノやシステムを探しています。

それは、言葉で表現すると「ゆるい歯車」のようなもので、確かにソコには“仕組み”があるけれど、カッチリしすぎていないようなものです。確かに、因果関係があるのだけれど、それは100%の確率で起こるものではない。ムダや、余分なもの、例外も含んでいる。

モーターというより、風車。穴の開いたししおどし。何度か漕いでやっと出てくる井戸のポンプ。みたいな感じです。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/08/14 10:56:35
  • 終了:2015/08/15 14:23:07

ベストアンサー

id:gm91 No.1

GM91回答回数995ベストアンサー獲得回数882015/08/15 02:46:10

天気予報の台風の予報円 とかですかね。
この時間帯はこの範囲にくるでしょうってやつ。
近い未来は円が小さいけど、時間が後になるほど大きな円になる、みたいな。

id:adgt

ご回答ありがとうございます。
確かに、理論と誤差との関係がありますね。

できれば、何か2つ以上の関係があり、一方がもう一方へ働きかけるようなモノも知りたいです。
(風車の例では、風邪と、風車のような関係)

2015/08/15 06:25:22
  • id:takejin
    オートマチック車のトルクコンバータみたいなのでもいいですか?
    出力側のエンジンの回転数を、100%は伝えてないんです。
  • id:kaiton
    ファジィ理論やシステムは、あまりにも範囲が広すぎますか?

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B8%E3%82%A3%E8%AB%96%E7%90%86
  • id:takejin
    シュレジンガーの猫のように、量子スケールでは、物事はリジッドではなく、確率論の世界です。

    すごろくのように物事が進むシステムという概念でいいでしょうか。
  • id:adgt
    コメントありがとうございます。

    専門的な部分は、私の理解が追いついていませんが、オートマ車のギアチェンジとマニュアル車のギアチェンジのイメージは近いように思います(あってますかね?)。

    どちらかというとそれらに適合する複雑な理論というよりも、できるだけ単純なモノやシステムとして例示をしたいと考えています。

    なんというか理論的に確立されているものであっても、現実世界で実践していく時には様々な誤差によって100%の確率で理論道理の結果を得られるわけではないですが、理論に沿って実践していく時には、その様な誤差も折込済みで進んでいくべきだ、というような事を言う例として。

    分かりにくくてすいません。
  • id:takejin
    その考えの体系は、カオス理論に近いですね。
    バタフライ効果ってご存知ですか?わずかな誤差が大きな差を生むシステム。(というより、世の中全部カオスの渦の中なのです)
  • id:NAPORIN
    いかさまサイコロ(重心が偏心しているので何度か投げていると1が出やすい)など?
  • id:NAPORIN
    もっと結果と原因がはなれていてわかりづらいほうがいいなら「出来のわるいピタゴラスイッチ」?
  • id:gm91
    じゃあれか、パチンコ。
  • id:adgt
    コメントありがとうございます。

    なんとなく、理論を現実に適用すれば、全て誤差を含むので、そのための例を見つけるということ自体が難しいように感じてきました。

    いったん、質問は終了しようと思います。
  • id:takejin
    古いタイプのトルクコンバータって、風車が2こ向かい合っていて、片方が風を起こして片方がその風を受けて回る感じなんです。全部のエネルギーが伝わらないでしょう?でも、回される側の回転速度が上がってくると、結構変換率が上がります。
    そんなシステムなのです。
  • id:kaiton
    トヨタ自動車のハイブリッドシステムはそう思ったけれども..
    http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/environment/technology_file/hybrid.html#h304

    コンピュータのウイルス対策の振る舞い検知(ヒューリスティック検知)、ウイルスパターン(指名手配書)でなく動作で検知する方法でとても加減が難しいと思う。(誤検出も困るから)

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません