匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

お風呂のリフォーム費用をどうすれば安く出来ますか?

複数の業者から見積もりをとって交渉することで少しは下がるとは思っています。
工事をする時期とかで値段が違うものでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/09/22 06:06:04
  • 終了:2015/09/24 07:35:05

ベストアンサー

匿名回答3号 No.3

匿名回答3号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/09/22 22:34:58

一番のお勧めは業者を固定することです。
色々なケースで何度か使ってみて、信用できる業者に固定するのが最善です。
相見積もりが有利だとか言うのは初心者の陥る罠に近い。

どういう事かというと、業者の人件費とか材料費などは業者間の差はほとんどありません。
工事の費用は積算で計算され請求されますが、初見だと信用がないため、どうしても高めの請求になります。
リスク込みで、その分を少しだけ乗せるわけです。
きれいに払ってくれるかどうか分からないわけですから、業者側の用心とリスク分の上乗せは当然でしょう。

安く見積もる業者は、逆に危ない。
素人では判らない部分で手を抜くからです。
ハッキリ言えば、最低額で施工された工事は、業者がサービスしているのでなければ手抜き工事です。
材料や施工の見えない所で精度が悪くて問題が出たり、素材が悪くて「数年後に」再工事する必要が出たりします。

業者さんにも技術力や経験で劣る業者さんもいるわけですから、当たり外れはあります。
お勧めとしては、周囲の評判できちんとした工事をされる業者さんを使ってみることです。
どうせ何某かの不満は出てきます。
あなた自身の経験値を上げて、工事の施工に対するスキルを上げるのが最善なのです。

ちなみに、工事の時期としては公共工事の年度末は避けるべきです。
予算の執行や支払いサイドの関係から、ほとんど全ての建設業者さんが忙しくなるからです。

その業者さんに、ある程度の幅を持った時期を提示して、「いつぐらいまでにやってくれると嬉しい」程度の言い方をして、急かさない方が安くつく可能性は高い。
業者さんのスケジュールはけっこうタイトに組まれていますから、無理に割り込むと助っ人を頼んだりして余分な費用を請求される可能性が高くなります。
所謂「特急料金」ってわけです。

その他の回答(2件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/09/22 12:05:43

安くするには、やはり相見積でしょうね。
GW・盆・正月等の連休を除けば、時期による価格差は基本的にはありません。


見積はネットの一括見積が便利ですよ。

ご参考
http://www.reform-seikou.com/

匿名回答2号 No.2

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/09/22 15:05:10

一概には言えませんが、リフォーム関係は春先が多いのではないでしょうか。
ですので、その時期が過ぎれば少しは業者も暇になり安くなると思います。

最近は大工さんも人手不足ということもあり、費用は多少高めです。
http://www.xn--jckte8ayb1ft29tw2qkm3azjd.com/

匿名回答3号 No.3

匿名回答3号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/09/22 22:34:58ここでベストアンサー

一番のお勧めは業者を固定することです。
色々なケースで何度か使ってみて、信用できる業者に固定するのが最善です。
相見積もりが有利だとか言うのは初心者の陥る罠に近い。

どういう事かというと、業者の人件費とか材料費などは業者間の差はほとんどありません。
工事の費用は積算で計算され請求されますが、初見だと信用がないため、どうしても高めの請求になります。
リスク込みで、その分を少しだけ乗せるわけです。
きれいに払ってくれるかどうか分からないわけですから、業者側の用心とリスク分の上乗せは当然でしょう。

安く見積もる業者は、逆に危ない。
素人では判らない部分で手を抜くからです。
ハッキリ言えば、最低額で施工された工事は、業者がサービスしているのでなければ手抜き工事です。
材料や施工の見えない所で精度が悪くて問題が出たり、素材が悪くて「数年後に」再工事する必要が出たりします。

業者さんにも技術力や経験で劣る業者さんもいるわけですから、当たり外れはあります。
お勧めとしては、周囲の評判できちんとした工事をされる業者さんを使ってみることです。
どうせ何某かの不満は出てきます。
あなた自身の経験値を上げて、工事の施工に対するスキルを上げるのが最善なのです。

ちなみに、工事の時期としては公共工事の年度末は避けるべきです。
予算の執行や支払いサイドの関係から、ほとんど全ての建設業者さんが忙しくなるからです。

その業者さんに、ある程度の幅を持った時期を提示して、「いつぐらいまでにやってくれると嬉しい」程度の言い方をして、急かさない方が安くつく可能性は高い。
業者さんのスケジュールはけっこうタイトに組まれていますから、無理に割り込むと助っ人を頼んだりして余分な費用を請求される可能性が高くなります。
所謂「特急料金」ってわけです。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません