昔読んだ本を探しています。


今から15年ほど前に読んだ本で、小学校の図書室に置いてあった児童図書です。

ストーリーは、
なんでも出来るはちゃめちゃで人気者の転校生に、何故かいやがらせを受ける主人公の女の子。ある日、教室でおもらしをしてしまった所を、頭からバケツの水をかけて助けてくれたことをきっかけに気になり始め… といった感じです。

転校生
ぼさぼさの頭に長い前髪で目が隠れている。
いつも半袖短パン。

ある日の帰りに転校生のあとをつけていくと、わざわざ回り道をして見つからないようにして、着替えてみなりを整えて帰っていた。
金髪に青い目の好青年。
正体がばれてしまったのを黙っている代わりに家の中を案内してくれ、絵画を見せてくれた。

といった感じの内容だったと思います。
どんな些細な情報でも構いません。
分かる方がいらっしゃいましたらお願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/11/14 14:12:20
  • 終了:2015/12/14 14:15:03

回答(1件)

id:fut573 No.1

fut573回答回数195ベストアンサー獲得回数542015/11/14 15:17:50

おもらしをした人に水をかけて庇うというシーンは、江戸時代の将軍の逸話で、それをモチーフにした創作が幾つか作られています。

近年では、こち亀でこのネタを使ったエピソードがあり、話題になりました。
「こち亀」が有名コピペを丸パクリ? 「お漏らしを水かけて・・・」元ネタは徳川将軍だった : J-CASTニュース

児童文学では、はやみねかおるさんの『僕らの先生』内にこの逸話を下敷きにしたと思われるお話があります。
ただし、この作品のあらすじは質問文のものとはちょっと違っていたと記憶しています。

ぼくらの先生!

ぼくらの先生!

ネット上で感想を書いている方が居たので引用します。

名探偵妻の推理:
美優ちゃんの泣き声は和郎君が水をかける前に
聞えたのですよね?
美優ちゃんがおもらしをしてしまったのに気付いた
和郎君が機転を利かして水をぶっかけてあげたんですよ。
意地悪をしたと見せかけて。
内気な美優ちゃんはトイレに行きたいなんて言えませんから。
どうして誰よりも早く美優ちゃんがおしっこをもらしたことに
和郎君が気付いたのか、それが二人が結婚した理由ですよ。
はやみねかおるさん れびゅー|びりたんのブログ


この他の情報として、児童文学におけるおもらしシーンをまとめたページが有るようです。
既読の本が少ないため、私には判断がしにくいのですが、この中に心当たりがある本はありますでしょうか?

おもらし・おねしょのある児童書

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません