匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

アメリカでは、大統領に事故があると副大統領、さらに、下院議長、さらに、国務長官、、、、と続きます。下院議長は、政権メンバーではないですが、不都合ではないでしょうか、その点が議論されたことはないのでしょうか。


 政権が共和党だとして、下院議長が民主党ということもありえると思います。仮に、同じ党だとしても、近い関係かどうか、わかりません。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/11/15 00:37:59
  • 終了:2015/11/22 00:40:03

回答(1件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/11/15 06:05:12

興味深い質問です。調べてみました。

まず、大統領継承順位ですが、合衆国憲法では大統領の次が副大統領(=上院議長)、までしか定めてありません。以降はPresidential Succession Actという法律で定められており、副大統領、下院議長、上院仮議長、以降国務長官をはじめとする内閣のメンバーが続きます。このうち下院議長と上院仮議長はそれぞれの議会での選出になるため、政権党とは異なる党員である可能性があります。

現在のこのルールになったのは1947年のPresidential Succession Actで、それまでは副大統領=上院議長のあとに内閣のメンバーが続いていました。しかし当時の大統領(Rooseveltの死去に伴い副大統領から昇格した)Trumanが、「内閣メンバーは大統領の指名で決まるが、これは実質、大統領が自分の後継を選挙というプロセスを経ずに指名できることに相当し、民主主義的ではない」として、議会での選挙を経て選ばれる下院議長と上院仮議長を内閣メンバーより上に入れることを提案し、可決されました。

http://www.presidency.ucsb.edu/ws/index.php?pid=12201

もちろん、質問にある問題点も指摘されています。

http://www.aei.org/publication/its-armageddon/

しばらく米国はねじれ議会でいろいろなことが滞っていましたから、これでもし大統領もしくは副大統領不在の事態が起きれば、Trumanがやったように変更の提案が出されるかもしれません。ただ今のところは他に喫緊の課題があって手をつけられていないというだけかもしれません。

ところで1947年に改正される前の継承順位は1886年のPresidential Succession Actなんですが、その前に1792年の法律があって、そちらでは副大統領の次に上院仮議長、下院議長が入っています。つまり、1792年に各議長が入って、1886年になくなって、1947年に復活(ただし上下院の順序が逆転)したということになります。

1792年のいきさつについてはWikipedia以上の情報が探し切れませんでした。どうもFederalistとDemocratic-Republicansとの間の政治的綱引きによる妥協点らしいのですが。

https://en.wikipedia.org/wiki/United_States_presidential_line_of_succession#Presidential_Succession_Act_1792

他1件のコメントを見る
匿名回答1号

そう頻繁にある事態ではないので後回しになってるのかもしれないですね。前回のTrumanも、提案がなされた時はまだ日本と交戦中で、非常時かつ副大統領不在という事態(しかも改選まで3年)が起きたからこそだったのかも。

副大統領は上院議長でもありますが、賛否同数で決着がつかない時にしか議決権が無かったはずで、緊急時としては仕方ないということなのかもしれません。上院副議長もいますし。

こういうのはゼロから合理的に設計するとしたら妙に見えますが、歴史的経緯があって修正しつつ「そこそこ使える」という状態で今まで持って来ているためにこうなってるんだ、と考えるしかないのかもしれません。専門の学者は色々考えてるとは思いますが。

2015/11/16 10:11:19
匿名回答1号

上院副議長じゃなくて上院仮議長でした。pro tempore.

2015/11/16 10:13:54

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません