匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

平等/不平等をいろいろなものさしで測るとして、

測定した結果を個人の状態(こう考える場合、社会は単純に人々の集まりとなる)と考えるか、社会の性質(こう考える場合、社会は人々の集まり以上の何かとなる)と考えるか、ご意見を集いたいです。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/12/01 20:29:42
  • 終了:2015/12/08 20:30:03

回答(1件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/12/04 00:23:56

まず、集いたいはおかしいよ。募りたいだとおもいます。
 
現在では「不平等」自体が、「社会で解決できるのにしてない」「(広義の)不公平」というような意味でつかわれるので、後者でしょうね。
 
たとえば背の高さにばらつきがあることを「不平等だ」とは、いいません。生まれつきでしょうね。
おなじ会社にはいって、背の高さで業務の出来高に全く関係がないのに、同期でも背の高い方が給料が多くもらえる。このように待遇に差があれば「不平等だ」と、いいます。
 
このとき不平等なのは「会社(の待遇)」であって、一番背の低いaさんが「不平等」だというふうにはあまりいわないとおもいます。(「aさんが一番、不平等な状態である」とは、もしかしたら、いうかもしれませんが)。
この「待遇」とか「あつかい」のことを、まとめて「社会の性質」(個人の性質ではなく)というのではないでしょうか。「aさん(の状態)が不平等だ」という文章にすると、まるでaさんが社長としてその待遇を決定した責任者のように見えたり、aさん一人だけが周りから差別されて不公平な扱いになっているかのようにみえたりします。そうではなく、全員がわずかでも不合理を感じるような状態を不平等というのでは。逆に平等でおきかえても多分なりたつとおもいます。
したがって平等・不平等とは社会システム側の言葉です。
さて、先生にこれを丸コピして出すのはアウトですよ。私が先生でないという保証はありません。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません