お金がほしいなって思ってた時期にクレジットカードでの現金化っていうのを見てしまいまして、実際何がどうダメで違法なのでしょうか?

企業サイト等でも禁止みたいなことはあっても詳しくは書いてませんでした。
※いくつかみたみたけど無かったですよ。
https://www.jcb.co.jp/goriyou/teguchi.html
http://xn--n9j7gla0b3c4ai9yifo157aswvdz1ud.tokyo/contents/beginners-guide.html
http://www.caa.go.jp/credit/

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/12/06 18:59:17
  • 終了:2015/12/13 19:00:03

回答(3件)

id:miharaseihyou No.1

miharaseihyou回答回数4453ベストアンサー獲得回数5462015/12/06 20:51:22

クレジットカードの現金化とは実店舗で商品をクレジットカードで買って、それを買い取ることを前提にした取引です。
業者は何を買うかを指定して手数料を差し引いて引き取ります。
あなたの手元にはかなり目減りした金額が渡ります。

何が問題なのか?というと、クレジットカードの支払いが出来なくなることが問題なのです。
支払日までに稼げば問題ない・・と思われるようですが、日々の生活費だけでなくスグに次の月の支払いが迫ってきますので、ほとんどの人が支払い不能に陥ります。
従って、あまりにも危険率が高いことを知りながら、故意に借金した・・って事になって、詐欺の疑いがあるとされるわけです。

実際にはカード会社の方では、そういう危ない買い物をする人はスグにブラックリストの上位に上がるシステムです。
何をどれだけ買ったかは分かりますから、異常な買い物をされたらスグに分かります。
他のカード会社やサラ金や銀行等にも照会があり、あっという間にカードの利用が出来なくなる仕組みです。
顧客の信用に基づく与信なのですから、逆に言えば危ない客には与信を与えない自由もカード会社の方にはあるわけです。

そして、信用情報と言うやつは日本中の金融機関で共有されるので、あっという間に全てのカードの利用が出来なくなり、新しいカードも作れなくなり、そういう人に蓄えがあるわけはなく、一気に切羽詰まります。
会社の方でもそういう情報は聞こえてきますから、人事にも影響するでしょう。

id:NAPORIN No.2

なぽりん回答回数4609ベストアンサー獲得回数8452015/12/07 11:20:48

それは単なる「信用枠」の切り売りです。
タコは餓えると自分の8本の手足をかじって動けなくなるそうです。
(今は餓えると、ではなくストレスなどのせいといわれていますが)
そうなってみたいのなら悪徳業者がまだ買取をやっててくれてありがとうということですね。
次は腎臓を片方売ればまだイケルっていわれるでしょうね。
悪徳業者の獲物リストとカード会社のブラックリストに載る前に、
早めに家族と弁護士に相談したほうがよいです。

id:pyopyopyo No.3

pyopyopyo回答回数337ベストアンサー獲得回数792015/12/07 19:04:13

クレジットカードの決済(リボ払い、分割払い、ボーナス払い)は
「割賦販売法」と言う法律で管理されています

一方,お金の貸し借りは
「貸金業法」や「出資法」と言う別の法律で管理されています

クレジットカードでの現金化は「分割販売法」に従った契約と見せかけて
お金を貸し借りする方法です.この方法を悪用すると「貸金業法」や「出資法」のルールを無視して,法定利息を超えた,つまり違法な高利貸しを行うことができます.

ただし,現時点では法整備が追いついておらず,クレジットカードの現金化はまだ違法にはなっていません.

しかし,一部の業者は「貸金業法」や「出資法」の違反で逮捕されており,裁判でも有罪判決が出ています

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E7%8F%BE%E9%87%91%E5%8C%96

ということで,まとめると「法定利息を超えた高利貸しになるから違法」となります

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません