匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

脳が萎縮するアルツハイマー型認知症で見られる神経細胞の減少を抑える化合物を発見したと、

国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)の高島明彦部長らの研究グループが16日発表した。
マウスに投与した実験で脳機能低下の抑制が見られた。治療薬の開発につながる可能性があるという。
認知症で最も多いアルツハイマー型認知症では、神経細胞内のたんぱく質の一つ
「タウ」が異常な状態となって結合し、毒性を持つことで神経細胞が死滅すると考えられている。
発表によると、グループは、理化学研究所が保有する数多くの天然化合物の中から、
タウの結合を防ぐ化合物を探索。有望な3種類の化合物を見つけた。
このうち一つの化合物が入った既存薬「イソプロテレノール」をタウが多いマウスに3か月間投与したところ、
タウが結合せず、異常な行動を抑える様子が観察できたという。この薬は不整脈の治療などに使われている。
http://www.yomiuri.co.jp/science/20151216-OYT1T50113.html より
そこで質問です。
①イソプロテレノールは、肺疾患の患者などに処方される薬ですが、この薬を処方されている高齢者には認知症は少ないのでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/12/17 10:55:08
  • 終了:2015/12/24 11:00:03

回答(1件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/12/17 13:29:57

さあ。肺を病む人は若い頃やせ形・低血圧であり痴呆になりにくい、など
体質が係わっている可能性があります
(この因果関係は今つくったでたらめですが、
どういうふうに人間で痴呆が起こるかが全部はそもそもわかってないという意味です)ので、
その統計結果があるならば高島部長さんがマウスで因果関係を調べるとき有利なきっかけになったものでしょうが、天然化合物をすべてあたってみたそうですから、なかったのでしょう。
あってもこれからマウス以外の方法で確認する価値があるかどうかわからないとおもいます。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません