2軸の対照表は対象が3つ以上ないと無意味な理由を教えてください。


ここによると無意味なそうですが、理由が書かれていません。
http://lineblog.me/yamamotoichiro/archives/2999339.html

「2軸」「対照表」「3つ以上」「無意味」で検索しても、上記の記事を見て「そうなんだー」と書いている記事だけで、どこにも理由は書いてありませんでした。

あと「対照表」で検索しても、上記のブログにあるような表は出てこないのですが、これを「対照表」と呼ぶのは一般的なのでしょうか。
「マトリクス」で検索したらいくつか出てきましたので、「マトリクス」と呼ぶ方が一般的でしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2016/02/13 19:02:52
  • 終了:2016/02/14 10:13:31

ベストアンサー

id:pyopyopyo No.1

pyopyopyo回答回数337ベストアンサー獲得回数792016/02/14 02:04:20

「4象限マトリクス」と呼ばれる図ですね
2つの軸の組み合わせで,物事を4通りに分類するための図です

やまもと氏が言いたいことは,2つの事を分類するだけなら軸は一つで良い.わざわざ軸を2つ用意するのは無駄,という事だと思います.

具体的には,この図から読み取れることは,右上が「良いサービス」左下が「悪いサービス」になってるだけで

  • 良いサービス=仕事の単価高い=受注者の質高い
  • 悪いサービス=仕事の単価低い=受注者の質低い

と言うことだけです.わざわざ図にするほどの内容ではありません

3つ以上あれば,つまり左上か,右下にも項目があれば
たとえば,仕事の単価は高いけど質が低いものがある,と言った情報が
可視化できるので,図として意味が出てきます

id:zheyang

なるほど、確かにそうですね。納得しました。
ありがとうございました。

2016/02/14 10:12:24
  • id:grape2
     
    ご参考
     
    (やまもといちろうさんの言っていることに、
     ぴったりあてはまるものではありません)
     
    ここに棒グラフと折れ線グラフが描いてあります。

    http://abrahamcow.hatenablog.com/entry/2015/01/03/105115
     
     
    まず、棒グラフ。これは、2者の比較です。
    2者のみの比較であれば、
    作者が、かなり好き勝手に
    グラフを作れるという例です。
     
    (目盛りが等間隔でないグラフや、
     グラフの下端がゼロでないグラフ)
     
     
    次に折れ線グラフ。
    これは、3者の比較になっています。
    これも、作者の思惑で、操作可能ですが。
     
    ただし、左(2)と中央(3)と右(6)の
    3つの比較であるため、
    縮尺はいじっているものの、
    「縦軸の目盛りが等間隔」
    「グラフの下の横線がゼロである」
    こととなっており、2者比較ほどには、
    めちゃくちゃではありません。
     
    つまり
    「比較対象が3つあると、グラフ上で、
     あまりひどいウソがつけない」
    ということです。
     
     
    ただし「比較対象がいくつあっても、
    そんなの気にしない」という
    「本当にめちゃくちゃなウソグラフ」
    というのも存在します。
     
     
    以下はウソグラフの例です
    (「3者比較であっても、書き方がめちゃくちゃ」
     の例ではありませんが)
     
    http://matome.naver.jp/odai/2131592080611832101
     
    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95+%E3%81%A0%E3%81%BE%E3%81%99+%E7%9B%AE%E7%9B%9B%E3%82%8A&oq=%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%80%80%E3%81%A0%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%80%E7%9B%AE%E7%9B%9B%E3%82%8A&aqs=chrome..69i57.45993j0j1&sourceid=chrome&ie=UTF-8#q=%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%80%80%E5%8D%B0%E8%B1%A1%E6%93%8D%E4%BD%9C
  • id:grape2
     
    ちょっと追加です。
     
    「ポジショニングマップ」
    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97&oq=%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97&aqs=chrome..69i57.1095j0j1&sourceid=chrome&ie=UTF-8#q=%22%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%22
  • id:zheyang
    ポジショニングマップというのですね。
    グラフについてのリンクを教えていただいてありがとうございます。
    興味深い記事でした。
  • id:Social_Bookmarkerz
    やまもと氏は揚げ足取りな煽りに夢中になっていて、雑な発言をしたのだと思います。


    ポジショニングマップは対象2つでも機能します。

    ただしネタ元のグラフは正確性に欠けるグラフではあります。


    それはネタ元のグラフが正確性に欠ける(意味がない?)のは

    対象2つだからではなく「等間隔な正確な指標に基づく数値付き目盛りがないから」ですね。
  • id:zheyang
    まあ対象2つでも、単価が低いか受注者の質が高いかという情報は示せるので、一応意味があると言えるかもしれません。
    ただ単価はともかく、受注者の質を数値で表すのは難しくないでしょうか。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません