匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

人の目の時間分解能ってどうなんですか?

ウィキペディアによると

残像効果
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AE%8B%E5%83%8F%E5%8A%B9%E6%9E%9C
>>人の目の時間分解能は約50ms〜100ms程度であり

ファイ現象
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E7%8F%BE%E8%B1%A1
>>約30ミリ秒以下の間隔(約33フレーム毎秒)- 二つの光点は同時に点灯しているように感じる(同時時相)
>>約60ミリ秒間隔(約16フレーム毎秒)- 二つの光点はなめらかに移動しているように感じる(最適時相)- この時ファイ現象が生じている
>>約200ミリ秒以上の間隔(約5フレーム毎秒)- 二つの光点はそれぞれ別の光点として認識され、運動は知覚されない(継時時相)

などとありますが、バーチャルリアリティのHMDなどは60fpsより上のフレームレートを追い求めているみたいです。60では酔うのだとか。
だとすると、人間の目の時間分解能は50msよりも短いということになるのでしょうか?

回答の条件
  • 1人50回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2016/03/14 01:05:24
  • 終了:2016/04/13 01:10:03

回答(0件)

回答はまだありません

  • 匿名回答1号
    匿名回答1号 2016/03/14 01:37:35
    専門じゃないのでコメント欄に。
    たぶんですが
    VRの60fpsで酔う というのは、目の時間分解能とはあまり関係ないのでは・・

    首を動かすなどして視野が急に変わるとき。
    首を0.1秒で90度回すとき、60fpsでは、その間に6コマしか画像が表示できません。
    残像現象があるとはいえ、首を振った瞬間の世界が6コマしかない。
    至近距離を見ていればいいですが、ある程度遠いところまで見えていると、首を振っている瞬間は「カクカクの」映像が見えていることになります。

    近くのものやゆっくり動くもの、同じ位置で点滅しているものであれば60fps未満でも自然な、スムーズなものとして見えるでしょうが、
    ふっと視線を変えたとき、遠くにある物体が10mおきにワープするような世界だと、酔ってしまう、ということの気がします。
    遠くのビルが10mおきにワープするのを、残像現象で補正して、スムーズに動いてるようには見えないじゃないですか??
  • 匿名回答1号
    匿名回答1号 2016/03/14 01:40:45
    実際、ジブリ映画を映画館で見ると、キャラクターが動いてる至近距離のシーンはいいですが、景色がパンするシーンではかなりカクカクになって気になります 笑
  • 匿名回答2号
    匿名回答2号 2016/03/15 12:53:27
    門外漢私見です。

    分解能ちょうどだと、連続して切り替えのタイミングで認知する恐れがあるので、
    それよりも短くする必要があるのでは。

    直接関係ないかもしれないけど、
    アナログ→デジタル変換では、最低でも必要とする周波数の倍の
    サンプリングレートをとる必要があるというから、
    その感覚に近いのかもしれません。
  • 匿名回答3号
    匿名回答3号 2016/03/18 01:41:52
    テレビが 30fps です。
    テレビを見て酔う人は滅多にいないので、VR酔いの原因が人間の認識とフレームレートのミスマッチだけが原因ではないです。
    少なくとも 60fps 以上を目指す理由にはならない。
    高い処理能力が求められるのは処理量が多くなってもフレームレートをキープしなければいけないという側面が大きいです。

    VR酔いの原因についてはこちらを読むと良いのではないかと。
    https://codezine.jp/article/detail/8091

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません