恩田陸の”消滅”はどんな話?

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2016/04/01 07:04:50
  • 終了:2016/04/01 15:56:57

ベストアンサー

id:psne No.1

ぽけっとしすてむ回答回数441ベストアンサー獲得回数2362016/04/01 11:56:26

少し未来の、9月30日。国際線が発着する某空港に到着した主人公の男。
迫りくる超巨大台風の影響で便も窓口も混乱している中、入国審査を待っていた。台風のせいか、携帯電話も繋がらない。
男の傍には日本に亡命を求めたエンジニアと事情がありそうな母子が居たが、皆「別室」へ連れていかれてしまう。
そこには男女10人と犬一匹。そして、空港のスタッフとして現れた「キャサリン」。自分がアンドロイドという。何も言われなければ人間としか見えないキャサリンが、別室に集められた理由を話す。
「この中にテロリストが居ます。本日中に、このメンバーの中だけでテロリストを見つけてください。分かっている事は、コードネーム『消滅』です。」

ああ、またトラブルか。嵐が来る前に家に帰って、娘に会い、行きつけの店のラーメンが食べたかったのに──


集められた11人(と、一匹)の中からテロリストを見つけ出す。という話になります。
それぞれが少しずつ「何か」ありそうな雰囲気の中で、所謂「転属」前にトラブルは処理しておきたいという思惑により話が進んでいきます。

タイトルにもなっている「消滅」というキーワードですが、何が消滅するのかという点を想像しながら読み進めると良いかと思います。
空港?経済?日本?それとも……

消滅 - VANISHING POINT

消滅 - VANISHING POINT

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません