アトピーで顔の赤ら顔がなかなか良くなりません。頭皮は全体が湿疹だらけです。良い治す方法はありますでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2016/04/05 13:31:27
  • 終了:2016/04/12 13:35:03

回答(1件)

id:NAPORIN No.1

なぽりん回答回数4484ベストアンサー獲得回数8312016/04/05 19:04:57

やはり皮膚科にきちんとかよって、適宜
処方薬の副腎皮質ホルモン剤を使うこと。
シャワーも指示されたとおりにあびること。
保湿のワセリンなども
よく選んでうまく使うことがよいです。
あと余裕ができたら
ちゃんとした漢方薬も頼ってみるといいです。
洗濯洗剤や柔軟剤、シャンプーなどは低刺激のものを選びましょう。
 
あとは極力食べ過ぎず、ストレスをもたないように過ごしましょう。

id:skyflight

なぽりん様
保湿ができていなかったです。

ストレスが多い職種ですので
帰宅後はリラックスを意識しています。

丁寧な回答をありがとうございます!!

2016/04/05 19:09:08
  • id:make-money-1179
    http://health1114.blog.fc2.com/
    このブログに役に立ちそうなことが書いてます!
    見るといいと思いますよ~
  • id:karlalou002
    体内の悪いものをきちんと排斥できる環境にすることが大事です。
    便秘を治して(カスカラサグラダというハーブが腸を穏やかに動かしてくれます。人や状況やらによって違うかもしれないので、甘草もよいと言われています。私のかかりつけの医者は、いろんなハーブの混ぜてくれて、カスカラサグラダだけでは腸を動かすだけだと言いますが、市販品のほうが安いし、私はカスカラサグラダが好きだし、栄養はほかで摂れている、と思っています。^^;)、朝、水分補給のお水を飲んだ後、30分後くらいがいいと思います、血液と同じ濃度の食塩水(半リットルのぬるま湯に天然塩小さじすりきり一杯)を毎朝飲むことをお勧めします。この食塩水はお腹で水と塩に分離されずに腸に流れて、上から腸を洗い流してくれます。上手く流れたとたんに顔などのほてりやかゆみがスッと引きます。食塩水の濃度が変わらないようにと思って、私は食塩水を飲んだ後1時間くらいは何も飲食しないようにしています。

    もちろん、原因や症状も、人それぞれ違うでしょうから、一概に言い切れないですけど、ご自身の既往症や体験から納得できるようでしたら、試してみてください。

    よくないものは食べてすぐに反応が出るとは限らないですし、よくないわけではなくて、自然の食物の中には、日本茶のように解毒作用があるものもあります。症状を抑えたいときは控えたほうがいいですし、便秘を解消できていて解毒を進めたいときは、日本茶を飲んで解毒を促すと良いわけだと思います。

    私は1年くらい、この食塩水を、週一の断食とともに飲んでいましたが、腸の元気がないのが問題の場合、断食だとかえってまた便秘になってしまって良い調子を保つのが難しいです。その後、断食はやめてしまって、でも週四日、食塩水を飲み続けていたところ、ケーキや甘いものを食べ始めたらやめられなくなってしまっていたにもかかわらず、症状が悪化するどころか、改善してきました(一度は、いまだにここまで悪くなるかというくらい悪化しましたけど!)。

    ところで、砂糖や小麦粉は確かによくないですけど、生クリームを推奨するHPもありました。生クリームを発酵させたものがサワークリームだそうなので、私はこれでカリフラワーのクリーム煮や、玄米パスタもごはんもサワークリームで目先を変えて楽しんでいます。これで、肌の乾燥はすっかり改善しました。やっぱり乳製品はあまり毎日だと、消化器官をつまらせると読みましたが、私の場合は、のどの粘膜を濃くするようで、つばが飲み込みにくくなるように思います。オリーブオイルは良質なものを常食してきましたし、たまに鱈の油や、フラックスシードオイルなども利用していましたが、その効果を特に感じたことはありません。シャケが良いのを実感したこともありましたが、最近は感じられなくなっていました。おそらく、やっぱり、いろんな源泉からの油脂も人間、必要なんじゃないでしょうか。

    医者からは毎食大さじ1杯のオリーブオイルは摂るように言われています。正常なお通じにはある程度のオイルも必要です。

    発酵食品はやっぱり体にいいようですね。納豆もよいと思います。もしチーズがお好きなようでしたら、これも発酵させて作るものであればです。チェダーとかフェタ、カマンベール、そしてサワークリーム、ヨーグルトもですね。クリームチーズ、カッテージチーズ、モッツァレラ、リコッタは発酵させないので、よくなさそうです。発酵食品はほかにもあると思いますけど、かつお節や干しシイタケはよくないなどと言う人もあって、これは発酵食品とは違うんでしょうか?単に、分からない、というだけかもしれないと思います。

    ただ、よくないものは、やっぱりダメと思っていた方がいいです。少しくらい…と思うところが落とし穴で、ダメなものはダメと思っていた方がコントロールが楽です。一度は、半年くらい、巷によくないと言われるもの、すべてやめて、それからひとつずつ少しずつ、試して様子を見るのも良いです。かかりつけの医者が言う方法です。

    それと、乾燥や傷がつらいときには、薬など何も入っていない、純粋にワセリンでもかなり楽にしてくれます。ステロイドの必要は感じません。できれば、フランスのBoironという会社のCalendula Ointment というものでしたら、ワセリンがベースですけど、カレンジュラという花の成分が消炎効果があって、気休め程度のステロイド軟こうより、よほど効果を感じます。

    専門家じゃないですけど、薬品を使う西洋医学と、自然療法をむやみに同時に取り入れられないのは、自然なものは体から悪いものを出そうとする性質があるため、そこに薬品があるとこれも排斥しようとするので、もちろん、その薬品の効果はなくなるし、体はそれの排斥のためにも耐えがたい症状を出すからでしょう。薬品に一度頼りだしたら、やめるのが大変です。

    西洋医学は対処療法です。皮膚科へ行っても、便秘の有無など患者に聞きもしなければアドバイスもしません。

    とても話しきれないですけど、長くなってしまいました。参考にしていただけたら幸いです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません