【ガス発電】について、教えてください。

インターネットで調べると、ガスタービンやガスエンジン等、ガスを燃やして、熱を回転や往復の力学エネルギー(+余熱利用)変える方式が書かれていましたが、[燃料電池]的なガスを直接燃やさなくて、電気に変える方法の研究はあまり進んでないのでしょうか?
現在でも、天然ガスから分離した水素と空気から分離した酸素(水の電気分解でなく)を燃料電池としてに使う方法は容易に考えられますが、コスト的に高いのでしょうね。
私の考えるには、例えば、水素吸着物質を[生ガス]に、酸素吸着物質を[空気]に電極として直接、電気を取り出せたら、[燃料電池]として、かなりのプロセスが省けてコストダウン、スケールダウンが図れると思いますが。(窒素やガス副産物格納容器が必要ですが)
商用発電や大型機械(乗用車位)なら、水素や酸素の分離装置を小型化すれば、現在の[燃料電池]方式でも十分だと思います。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2016/04/07 20:34:25
  • 終了:2016/04/11 01:30:56

ベストアンサー

id:takejin No.2

たけじん回答回数1460ベストアンサー獲得回数1882016/04/08 12:22:53スマートフォンから投稿

ポイント60pt

東京ガスのエネファーム(松下製)がそれです。
http://panasonic.co.jp/ap/FC/construction_04.html
都市ガス改質による水素製造は、工業的には既に普及技術で、最先端ではありません。水素供給設備は、敷地が広ければ工場設置は可能で、結構普及しています。(コストがちょっと高いのと、大規模になることが欠点でした)
改質部を小さくしたのが、家庭用のエネファームで、薄い本棚くらいの体積に落とし込んだのは、結構な技術です。
改質水素が多めのガスと空気とを使って触媒で発電する方式ですから、おっしゃったことはほとんど実現済みと言っていいのでは?

その他の回答(1件)

id:miharaseihyou No.1

miharaseihyou回答回数4437ベストアンサー獲得回数5432016/04/07 20:46:27

ポイント40pt

http://home.tokyo-gas.co.jp/living/ecowill/index.html

たぶん誤解されているんだと思いますが、ガスを燃料とした燃料電池による発電は既に実用化されています。
リンクの例は家庭用ですが、普及段階にあるって言っても良いでしょう。
しかし、コスト割れする例もあって、普及率はそれほど高くありません。

最近話題の水素燃料の燃料電池は水素ステーションや水素吸蔵合金の開発などがあって、今ひとつ普及していません。
水素は一番漏れやすい燃料でもある。
水素ステーションが火事になったら・・あまり考えたくない規模の爆発が起きる可能性があります。

id:tazikisai-mukou

私の誤解かもしれませんが、頂いたULRのecowill方式ではありません。(ガスを直接、燃焼させない方式です)

2016/04/11 01:29:40
id:takejin No.2

たけじん回答回数1460ベストアンサー獲得回数1882016/04/08 12:22:53スマートフォンから投稿ここでベストアンサー

ポイント60pt

東京ガスのエネファーム(松下製)がそれです。
http://panasonic.co.jp/ap/FC/construction_04.html
都市ガス改質による水素製造は、工業的には既に普及技術で、最先端ではありません。水素供給設備は、敷地が広ければ工場設置は可能で、結構普及しています。(コストがちょっと高いのと、大規模になることが欠点でした)
改質部を小さくしたのが、家庭用のエネファームで、薄い本棚くらいの体積に落とし込んだのは、結構な技術です。
改質水素が多めのガスと空気とを使って触媒で発電する方式ですから、おっしゃったことはほとんど実現済みと言っていいのでは?

  • id:takejin
    かんべむさしの水素製造法を思い出した。傑作です。
  • id:miharaseihyou
    そのうち燃料電池で飛ぶ飛行機が主流になるんじゃないか?・・って観測もあります。
    リモコンヘリのドローンってご存じだと思いますが、電池の容量が少なすぎて滞空時間が稼げないのが最大の欠点ですが、既に燃料電池で長時間飛ぶ機体が実用段階まで来ているそうです。
    ガスではなく水素の方がパワーウェイトレシオを稼げるんですが、水素だと粒子が小さすぎて各部の精度や耐久性がコストの増大に反映されてしまいます。
    しかし、空を飛ばすなら高くついても水素を使いたいのが技術畑の本音のようです。
    LPガスと水素と、どっちがより安全なのか?・・・は、そのうち実証されるでしょう。

    船も燃料電池で発電しながらモーターを廻す方が内燃機関を使うよりも経済的だと思えますので、そっちが主流になってくるでしょう。
    鉄道もパンタグラフや送電線が省略できれば大幅なコストダウンが可能です。
    例の磁石で浮かして滑らす鉄道が何て言ったか・・アレも今からでも設計変更した方が良いんじゃないか?・・って思えます。
    微妙なのが自動車ですが、既に内燃機関の時代は終わりつつある。
    バッテリー式よりも発電式がコンパクトになるなら、そっちが有利でしょう。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません