【コンビニで「スプーンは要りません」お店にとってはどうなの?】

 コンビニで買い物をする時、アイスを買うとスプーンを、紙パックのジュースを買うとストローを、という感じで色々(割り箸とかお手ふきとか…)つけてくれるのですが、家にもあるのでいつもお断りしています。
 
 それで気になるのですが、それってお店の側からするとどうなんでしょうか。
 
 お店にとっても無用の出費が減っているならいいな、と思うのですが……。
 単に手間が増えているだけで出費は変わらないとか、断ったものは結局捨てているんだとかだったら申し訳ないなあ、と思います。
 
 実際にコンビニでバイトなどされた方のご意見を伺えたらと思います。
 よろしくお願いします

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2016/05/08 20:31:20
  • 終了:2016/05/14 22:19:23

ベストアンサー

id:nokogiri44 No.1

nokogiri44回答回数32ベストアンサー獲得回数92016/05/09 00:54:43

ポイント100pt

私がバイトをしていた店での話ですが二種類あります。
お弁当につける割り箸やスプーン・フォークなどは別手配です。
在庫数を確認してと言ってもおおざっぱですが定期的に補充します。
アイスにつける木べらのようなスプーンはアイスについてきます。
よほど古くならない限りは廃棄しないと思いますが、私が働かせてもらっていたお店では廃棄したのを見たことがありません。

袋やお店の蛍光灯などと同じで消耗品扱いですが、あらかじめ予定の出費として計画していますので極端にあまらない限りは誤差の範囲です。
お箸類をおつけするかどうかをお客様にお尋ねするのはマニュアルに書いてあることですので、店側の手間になるとかそうゆう気遣いはしなくてもよろしいです。
不要なものであれば無駄にしないのがエコなんじゃないかとおもいます。

バイトの身ではどれだけ儲けにつながるかは分かりませんが、割り箸でオーナーが儲けだとか損だとかという話をしていたのは記憶にございません。
一番損として大きいのは万引きで、店を出している場所にもよると思いますがかなり深刻な額になるのだそうです。

私も割り箸はもらわないです。
レジの人間からするとバーコードを読み取ってるくらいのときに先に箸はいらないと言ってもらえるとほんの少しだけですが手間が省けますので、朝や昼時の忙しいときにはとても助かります。

id:Sampo

かぶせて質問なのですが、ポリ袋を開いてしまってから「袋いりません」と言った場合、そのポリ袋ってどうしてます?

くしゃっとポリ袋の山に戻されているように見えますが、自分がそういうくしゃっとした袋をもらった記憶がないので、あれは結局捨てているのかな? と。

2016/05/09 17:51:46
id:nokogiri44

私の記憶しているかぎりではそういったことはありませんでした。
他の店員も含めて広げて使わなかった袋を見た記憶がありません。

袋をいらないとおっしゃられるお客様はある程度はわかりますので、「袋をお使いになりますか」や「シールでよろしいでしょうか」とお尋ねします。

もし広げかけて使わなかった袋が出たとしたら多分つかわないと思います。
その袋をお出しするお客様は、なぜ袋がきれいな状態ではないのかは分かりませんので気分を害される可能性はあっても良い気分になられる可能性はありません。
ですからつかわないと思います。

2016/05/11 13:57:49
  • id:miharaseihyou
    昔はメーカーが一箱に幾つか平均数より少し少ない数を入れて送ってきて、要求されたら追加を別の箱に同梱して送ってくるってパターンだったけど、今はどうなっているのかは知らない。
  • id:NAPORIN
    コンビニバイトはしたことがないです(「ニーチェ先生」というコンビニ漫画は読んだだことがあります)
    お店では別に捨ててはないとおもいます。
    棚にもどして、次の人に渡すだけのことでしょう。
    世の中にはやはり必要なお客も居て「3膳下さい」と頼んだりもしているのを見掛けます。
     
    本屋の紙カバーももらいすぎるとゴミになったり、靴を買うと「履いていかれますか」と聞かれたりします。
    平均的にいって、過剰包装などのサービスは適切に断ることができたほうが、省資源になり、世の中のためではないでしょうか。
  • id:filinion
    「メーカーが要求に応じて送ってくる」ってことだと、お店にとってあれはタダなんですかね……?
    (その場合、メーカーにとってはコストなわけでしょうが)
  • id:psne
    お店の名前が入っているもの(袋やテープ類)、名前は入っていないが、いつも同じもの(ストロー類)については、消耗品という扱いになります。
    http://news.mynavi.jp/c_cobs/jijinews/trend/2011/02/post_572.html

    TVか何かの話題では、パックジュースに付けるストロー一本の値段が約2円という事で、お店にとってはサービスではあるけれど、意外と大きな金額になるような内容でした。
    価格に上乗せすれば高くも感じるという事もあるので、あくまでもサービスとして付属しているのだと考えられます。

    上記の記事でも、商品に添付されている(アイススプーン、ジュース類のストロー、フォーク)か単体で納品されるかで変わる事が書いてあります。
    店側の手元にある状態であれば、次のお客さんに渡すことができるので、予め一言伝えれば良いかと思います。

    ※一時期コスト削減の為か、確認が徹底されていたことがあったようにも感じます。
  • id:miharaseihyou
    「一番損として大きいのは万引きで」・・よく分かる。
    学校の前のコンビニと駅前のコンビニが数年前に潰れたんだが、万引きが原因だった。
    居抜きで出店しようという話もなかった。

    梱包材や付属のサジなどは予め経費に組み込んであるのは昔といっしょ。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません