先日父が救急車で夜9時半ごろに運ばれ夜中12時20分に亡くなりました。治療はほとんどした様子はなく、画像診断はしていました。請求を見たら救命救急入院科3として10869点×2になっていました。救急外来できて3時間ほどで亡くなって合計で88000円てことですが、腑に落ちません。どなたかお詳しい方教えてください。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2016/06/02 21:55:41
  • 終了:2016/06/09 22:00:04

回答(2件)

id:adlib No.1

adlib回答回数1813ベストアンサー獲得回数1012016/06/03 05:42:45

 
 わたしの父は、胃潰瘍の手術後一ヶ月未満に亡くなりました。
 母は肋膜癌で、遺言により死後解剖され、わたし自身は幼年期に気胸
手術を、老年期には尿路結石の手術を経験しました。
 
 質問者の疑問は、短時間の施術にしては請求額が高すぎることにある
ようですが、まずは事務長に面談して、説明を求めるべきでしょう。
 さらには、その明細書をもとに、医師会に相談すべき事案です。
 
 わたしの推測ですが、わが国では、医師個人の判断よりも、医師会が
定める保険点数が優先されます。したがって、どの医療機関においても、
ほぼ同じ診断で、同じような施術が選択され、同じ医療費になります。
 
 社会的な平等では、まことに公平ですが、どの医師も同じ診断を下す
ことに疑問も生じます。しかし逆に、医師が患者の懐具合にあわせて、
自由に診療方針を決めるのも、安心できないのではないでしょうか。
 
 現時点での遺族は、感情が昂ぶっているので、すぐに結論を迫らず、
葬儀その他が一段落してから、遺族の意見も、ある程度まとめてから、
弁護士に相談することをお奨めします。
 
…… 群馬大学病院の手術死問題で、日本外科学会が行った死亡例の検
証により、対象となった第一、第二外科(2015年4月に統合)の50例全
てで、説明や記録も含めた診療経過に何らかの形で不備が指摘された。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160522-OYT1T50102.html
 
 手術死 ~ わたしのノートから ~
 
 帆足 正規 能狂言 19310310 東京 京都 20160601 85 /急死
https://twitter.com/awalibrary/status/738312099462557696
 司馬 遼太郎 作家 19230807 大阪   19960212 72 /手術死
 
 力道山  プロレス 19241114 長崎 東京 19631215 39 /手術死
/19631208 赤坂のナイトクラブで、村田 勝志(24)により刺傷
http://d.hatena.ne.jp/adlib/19631208 力道山刺殺事件
 
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1278152557
 手術死の虚実 ~ 老魔帝国衰亡史 ~(20111226 20:11:19)
 

id:hoshi-ygc No.2

hoshi-ygc回答回数51ベストアンサー獲得回数12016/06/03 10:02:52

同じご質問をされてらっしゃるようで、もう一方で回答させていただきましたが、こちらにも。
救命救急センターには救命のための特別な機能を有しており、その設置基準を満たせば病院へ特別な費用の加算が認められています。それが救命救急入院料といわれるものです。これが病院の特別な機能を維持する原資になっています(設備費や人件費etc。特別な機能を維持するためにはそれなりのコストがかかります)。その請求が10869点×2になっています。お父様は9時半頃に搬送され日を跨いでお亡くなりになっていますので、2日分の請求なので☓2になっています。お父様の病状はあまりにも重症だったためほとんど治療として手を出すことができないままお亡くなりになったものと推測いたします。しかし救命救急センターには入院されていますので入院費用として正当に請求がなされたものです。これはそういう特別な施設に搬送されたので仕方がありません。もう一方のご質問で私はホテル宿泊を例に出しました。貴方様が出張で第三者に宿泊の手配をお願いしたとします。詳しい事情は知らないままにいざ宿泊してみると1泊10万円もするホテルだったという感じでしょうか。ホテルであれば宿泊前に値段もわかるでしょうから「こんな高くなくてもいい!」と言ってホテルを変えることはできますが、救急搬送ではどうでしょうか・・・。搬送先の判断は主に救急隊が担っていますが、それ相応の重症度だったので救命救急センターを選択されたのだと思います。事前にそういう事情は本来国民の皆さんにしっかり知らせておくべきことなのかもしれません。以前私の勤務する救命救急センターに酔っぱらいの人が周辺病院に全部断られて搬送され1泊2日入院されましたが、点滴だけでしたがこの加算が請求されています。苦情が事務に入ったそうですが、残念ながらどうにもなりません。ホテルに例えれば既に宿泊した後ですから。

↓リンク先をご参照ください。
no title

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません