企業出品会である会社から○○○という商品についてのパンフレットを受け取りました


そこには「使い方はこのページを見てください」と書かれ、なんと私の作ったサイトのトップのアドレスが載っていました。異議を申し立てたいのですが、具体的に何を適用してどうしたら良いか、わかりません。何卒どうぞ宜しくお願い致します。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2016/06/17 18:18:17
  • 終了:2016/06/24 18:20:03

回答(2件)

id:NAPORIN No.1

なぽりん回答回数4485ベストアンサー獲得回数8312016/06/17 20:22:14

ポイント250pt

それはライセンス交渉です。
 
1.自分がサイトの著作権者(=作成者)であることを証明できる手段を講じます。
たとえば、本名を載せているなら免許証。そうでないなら6月17日にこの記事の件でx社と面談予定、などと記事トップに書き込む
2.x社に面談を申し込みます。弁護士をつれていけるならそうしたほうがよいです。
3.x社との面談で自分の希望を伝えます。以下の文は案です。あなたの希望を明文化してみてください。
 ・いかなる理由でもうちの直接サイトurlをのせないでくれ。古くなったり記述を変更したりしてもあなたたちは関与しないのだから無責任だ。企業コンプライアンスが疑われる。すぐ辞めろ。取り消せ。ユーザーに謝罪しろ。
 ・説明書に文章と写真を全文転載してほしい、そのときライセンス契約を結んでもらいたい。文章使用ライセンス料を1枚につき1円、1万枚すったら1万円…などと決めて払ってもらう契約をむすぶ。最後に使用法の筆者は○○とか最新情報のサイトurlを(小さい字でいいから)明記してもらうことも使用条件に入れられることが多い。
 ・むしろ雇ってくれ・才能をみとめてくれたのなら説明書の文章を毎回外注で制作してやるから1件○万円で発注してくれ・サイトを一定品質で保っておくためのサーバー代を負担してくれ・アクセスが殺到すると迷惑だからそっちのサーバーで公開してくれ…など。
 契約書は、2枚同じ書類にして日付を作ってハンコを押してもらうなど、法的手続きになります。電話では受け流されるので面談のほうがよいでしょう。
4.交渉決裂したらそのurlをウンコ画像など求める情報を得られないものに入れ替え。またあなたが自社製品の説明のためにやっているサイトであれば不正競争防止法などほかの法律を適用することが出来る場合もある。明らかな損害を被ったことがあれば損害賠償を求められるかも。(なお、無料で万人にサイトに公開している情報を転用されたまでのところでは、明らかな損害は生じたとはいえません。むしろ流入数が増えてアフィリエイトで稼げていたでしょう、x社のおかげでアクセスあがった、と見られる可能性あり)
 
なお以上は大まかな流れにすぎません。交渉成立できたとしても契約書を取り交わすことになるので、細かい手続きチェックも必要です。ライセンス交渉に詳しい弁護士か弁理士か最低限でもメーカー法務部に勤めたことのあるご友人などにご相談ください。ここで全部書いてしまうと有利な交渉結果は期待できません。相手は「コチラが悪いのに今までネット炎上させないでくれたのならまともな人だろう、こちらもまともに対処しよう」と考えるとおもいます。

id:weed_7777

ご丁寧なアドバイスありがとうございます。以下の委細、承知いたしました。

  • 著作権を示す
  • 面談を申し込む
  • 自分の希望を伝える
  • 契約書を作成する
  • 交渉決裂時
  • 補足

弁護士の友人に手伝ってもらおうと思います。特に「自分の希望を考える」の部分は具体的で大変助かりました。ありがとうございました!

2016/06/18 16:51:12
id:MIYADO No.2

みやど回答回数309ベストアンサー獲得回数712016/06/18 05:54:03

ポイント250pt

そもそもあなたのサイトにその商品の「使い方」が書いてあるのですか。
もしその商品と関係のないことしか書いてないのであれば、単に間違っただけでしょうし、その会社に既に問合せが殺到していると思いますから、放っておけばいずれ直すと思います。

もしあなたが自分のサイトにその商品の消費者としての意見を書いてあるのであれば、「これはメーカーの公式情報ではありません」と断っておけばいいと思います。

もしあなたのサイトに公開を憚ることが書いてあるなら、そもそもにおいて削除すべきです。

id:MIYADO

なら、案内したことでなくあなたの動画に基づいた教材を作ったことが問題だと思いますが、弁護士に相談しましょう。

2016/06/19 08:19:49

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません