フス戦争の戦術はなぜ継承されなかった?


中世ヨーロッパにおいて,フス派キリスト教徒が中心となった,いわゆる「フス戦争」では,
ターボル派のワゴンブルク戦術が大きな効果を上げました。
とんでもなく大成功した戦術なのですから,マネをする勢力があってもおかしくないと思いますが,
「フス戦争」のあと,ワゴンブルク戦術をマネする勢力がいなかったのは,なんででしょうか?

中世の騎士が真似しなかったのは,階級意識によるものかもしれませんが,
近代に近くなったら,オランダのオラニエ公や,スウェーデンのグスタフ・アドルフ王
あたりなら,取り入れてもよかったように思うのですが,なぜ,取り入れなかったのでしょうか。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2016/08/03 19:34:43
  • 終了:2016/08/05 09:07:01

ベストアンサー

id:meefla No.1

meefla回答回数976ベストアンサー獲得回数4552016/08/04 00:52:55

ポイント100pt

15世紀にワゴンブルク戦術を取り入れた軍隊は複数あったようです。

The Age of Wars of Religion, 1000-1650: An Encyclopedia of Global Warfare and Civilization902 ページ、Wagenburg によれば、

  • ポーランド軍が対スウェーデン、対モスクワ公国の戦闘に使用
  • ハンガリー軍がオスマン帝国に対して使用
  • ドイツ皇帝の軍も15世紀後半に使用
  • オスマン帝国のサルタン近衛隊 Janissaries も1440年代にオーストリア・ハンガリーに対して使用

などの例があるそうです。

ここでなぜ使用例が東ヨーロッパに集中しているか、ですが、Warwagons の "Why were warwagons limited to Eastern Europe?" によれば、理由は二つあります。
一つは地理的な問題。
ワゴンブルク戦術が効果を発揮するには、ステップ(大草原地帯)のような開けた平坦な土地が必要ですが、西ヨーロッパにはそういう土地が少なかった。
もう一つは兵士の構成の問題。
軍の主戦力が歩兵であればワゴンブルク戦術は有効ですが、16世紀にもなると野戦砲が開発され、主戦力に砲兵が加わります。

グスタフ・アドルフは(中略)野戦砲にも軽量な3ポンド砲を多量に採用した

三兵戦術 - Wikipedia

言うまでもなくワゴンブルク戦術は砲兵に弱いわけで、グスタフ・アドルフも戦術自体は知っていても採用しなかったという事でしょう。

ご参考になれば幸いです。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません