未成年の妊娠での公的サービスについて


最近群馬県で高校生のカップルが出産した自分達の赤

ちゃんを公園に埋めたという痛ましい事件がありまし

た。

そこでふと思ったのですが、親にも頼れず未成年で妊

娠しシングルマザーになろうとした場合、それを助け

る国からの公的なサービスや施設、又は、公認非公認

限らず民間の施設などはあるのでしょうか。

養子縁組を希望しない場合での解答をお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人50回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2016/08/26 22:03:57
  • 終了:2016/09/02 22:05:03

回答(1件)

id:NAPORIN No.1

なぽりん回答回数4610ベストアンサー獲得回数8452016/08/26 23:07:17

知らなきゃ損!妊娠出産費用はローンを組まず補助金&助成金で! | お金を借りる前に!安心のカードローン選び
出産自体については一応公的援助があり、特に審査などはないようです(ただし、病院で前払いしたものを、あとから返却してもらう形のため、貯金は必要)。
 

胎児の両親となる未成年への結婚や生活援助は生活保護となるようです
全文表示 | 広島死体遺棄の16歳が「生活保護受給」報道 親がいるのに受給できることに驚きの声 : J-CASTニュース
が、審査があり、母親・父親の親である祖父母に
収入や財産があって学生生活ができていれば
生活保護審査をとおらないので、
扶養されたままにならざるをえないでしょう。
祖父母のスタンスにもよりますが、
多くは新生児に両親そろっての家庭育児はできません。
おそらく胎児が無事に生まれたら祖父母なり親戚の実質上は養子として育ててもらい、
未成年親は独身の状態のままで
大学受験や就職などの狭き門に挑み、
すでにうまれている子供の将来のためにもしっかりした社会人になってから迎えにきなさい
というふうになることが多いとおもいます。
(生活保護は働けないはっきりとした理由があるかについて、定期的に審査があるようです)
姓が同じであれば違和感ないので、籍は移動しなくてかまいません。
未成年で子供を産む! - その他(出産・育児) 解決済 | 教えて!goo(4番回答)

id:USSEnterpriseD

出産の公的扶助は上記のリンクを見る限り何らかの健康保険に加入していなければ支給されません。
高校生の場合は当然、親(働いている方。両親とも働いている場合はその女子高校生が扶養家族になっている方)が加入している健康保険になるので、親に頼ることになり、親を頼れない場合はこれらの扶助(出産育児手当、出産一時金等)は支給されないか、いずれ親に知れることになります。

現在出産一時金は上記リンクにもあるように、一律42万円です。
また出産育児手当は、出産した本人が働いていなければ出ませんので女子高生では出ないことになります。

実際の出産費用は、もし病院で出産するとすれば、その費用は全額自費になります。
なぜかというと、日本では出産は「病気」ではなく、自然に起きる正常な事象と見なされて、「医療」の対象ではなく、よって医療保険(いわゆる「健康保険」)適用外なのです。
知らないヒトには驚きですが、従って、病院の場合病院から請求される全額を自費で支払うことになます。
ただ、上記のように出産一時金が42万円支給される場合は、病院からの請求額がこの範囲であれば、自費の持ち出しはないことになりますが、上述のようにいずれ親の知るところとなります。
では病院でいくらかかるか?というと、それは病院が自由に決めますので、ピンキリです。

街の産婦人科であれば42万円で足りるところもあれば、有名な病院(例えば愛育病院)ではン百万円取るところもあるので、事前に問い合わせなければなりませんね。

その他には、病院に行かず自宅で助産師(=国家資格)さんを頼むと安く済むかも知れません。

さらに、夫だけの助けで自宅で生めば当然費用はかかりませんが、難産や異常分娩になった場合は最悪死産となるかも知れません。
死産だと証明出来れば罪には問われませんが、法律的には分娩が終了した時点で赤ん坊は一人の「人間」とみなされますので、もし分娩直後に生きていてその直後に何らかの理由で死んだ場合は過失致死、悪くすると殺人罪に問われる可能性もゼロではないので、これだけは避けるべきです。

なので最低でも助産師さんの費用をまかなえるだけのお金(と出産する安全な場所)を自分で調達できなければ、親に知られず出産する事は、事実上不可能です。

この場合でも、もし極めて難産になったり異常分娩の場合は即時に産科の医師のところへ、恐らく救急車で行くことになり(そのような場合はその後の処置、例えば帝王切開などは「医療」とみなされて保険適用にはなりますが、これも親の保険を使うため、いずれバレます)、そのような場合は母体も危険になるので、出産前にキチンと妊婦健診を受けて正常に分娩できる見込みがないと、助産師さんも引き受けないと思われます。

妊婦健診は上記リンクにあるように事実上無料で受けられますが、居住地の自治体(市区町村)の窓口での申請が必要になり、その際女子高生が行くといろいろ聞かれたり、検診を受ける病院でも事情を聞かれるかも知れません。

そのように考えると、親に知られず高校生同士のカップルに出来た子どもを、安全に出産するのはほぼ不可能に思えますが、いかがでしょうか?

2016/08/27 04:57:55
  • id:miharaseihyou
    妊娠出産に対する公的扶助に年齢制限は無いって事だな。
    地域格差はあるけどね。
    生活補助にしても地域によって違う。
    二人とも学校止めて働いて結婚するって手もあるけどね。
    何とか卒業だけさせてもらって、あとはいっしょになって働けるだけ働く・・若ければ体力的に不可能ではないし、昔はそういうのも多かった。
  • id:gm91
    ご質問の趣旨から外れているのでコメントで失礼します。

    そもそも親の扶養を継続したまま、親に知られずに育児出産して公的扶助を得ようというのが無理な話かな、という気もします。

    自分の親と色々揉めるのは避けたいという事情があっても、自分の子供を育てるのに必要ならばそれなりの覚悟が要るでしょうし、いやそれでも親には話せんということならば中卒でも働いて独立するしかないですよね。言うほど簡単ではないと思いますけど。
  • id:NAPORIN
    それを承知の上で、子供と子供が結婚して子供を育てられるほど日本社会は成熟したかね?
    と訪ねにいらしたような気もしますが。いえいえ、成熟していませんよと。
  • id:gm91
    社会が、というより、子供のまま子供を生んで育てるってのはないだろ、と。
    30過ぎても子供は居るし15歳でも大人は居ると思う次第です。
  • id:NAPORIN
    ただ、分野によって大人のハードルが上がったり下がったりかなりかわってきてるので、
    (昔は酒のつきあい、タバコ、海外旅行で治安の怪しいところを見に行く、
    家庭をもち妻をグサイやカナイやヤマノカミ、子供をトンジ、グソクとよぶことなどが
    積極的に大人になるための儀礼として進められていたこともありました。今となってはナンセンスです)
     
    ・・・で、こまって殺す位なら、思い切った少子化対策にふみきってもいいのではという提案を含んだ質問かもしれません。
    が、やはりトラブル(弱った母体、夜泣きする子供など)をかかえた子供3人を
    いきなり公的機関などでうけいれられるほど日本社会は成熟していない、というか、
    逆に未婚ホームレスも増えて貧しくなっていく一方ではないかとおもいます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません