匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

最近、普段のネットの履歴を元に出てくる広告多いですが、わたしは


好き、応援したいサイトの広告:広告費削減のためにクリックは控える
嫌いっぽいサイトの広告:無駄に広告費を使わせるために無駄にクリックする

というのをやっていますが、みなさんはどうでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2016/09/23 12:18:21
  • 終了:2016/09/30 12:20:03

回答(2件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2016/09/23 18:02:33

サイト広告?は無尽蔵に広告費を支払うわけでもないでしょう;
企業も広告出す限りは概算ででも幾らになると算定しているでしょう。
むしろ、広告打ってもPVが稼げないのでは、コンテンツとして人気がないと判断して商品としての取り扱いも辞めることになるかも。

匿名回答2号 No.2

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2016/09/24 21:34:10

まずいちばん大事なこと。
「この広告はさすがに不愉快で見たくない」と思った場合、その広告にマウスをあわせて少し待つと右上に小さく表示される「×」をクリックすれば「広告はgoogleにより終了しました。」とでます。また、その下に出る大きめのブルーのボタン「この広告の表示を停止」を押して「不愉快だ」と知らせることで、グーグルが今後のリスティングを工夫してくれます。
この手続をせずまんなかあたりをクリックしたら「喜ばれた!」と判断されます。
ですから、嫌な広告がどんどんあなただけのために表示されます。
そういうことはしないでください。

=====
以下はちょっとややこしい説明ですが暇なときに読んで下さい。

サイト広告は、広告主にしてみればコミュニケーションとか市場調査の手段です。
つまり、選挙の出口調査をしているようなものです。
調査代がかさんでも、その分、新しい商品を開発するときの参考にしているので、
気にしないで好きなものだけを押してください。

質問者のように
「好き、応援したいサイトの広告:広告費削減のためにクリックは控える
嫌いっぽいサイトの広告:無駄に広告費を使わせるために無駄にクリックする」
とやると、リスティング広告というしくみによって、あなたの行く先々で嫌いな広告ばかりが表示されます。
たとえば、あなたが14歳の女性であっても、「嫌いな広告をクリックする」ことによって、最終的に60代男性向けの薄毛治療サイトばかりが表示されるようになってしまったらどうでしょうか。両方ともに困ります。さらに、犯罪サイトもほぼ全員から嫌われていますが、あなたが成人になった瞬間、そういうのもどんどん表示されてしまいますよね。怪しすぎる詐欺サイトやウィルス感染サイトであってもクリックしてあげますか?そんなことはしてはダメですよ。あなたが犠牲になることをだれも欲していません。バカのふりをして本当にバカな行動をしてしまったら外見上バカと見分けはつきませんよ。
 
サイトにおいては「棲み分け」が大事ですし、そのための調査も重要です。
もちろん、有効な薄毛治療を心から欲している人もいるんですから、あなたのような全く興味ない人に宣伝費を消費されると、その情報を届けたかった薄毛で悩んでいる人(しかもたまにしかネットをみない人)には必要な広告が全く届かなくなります。それがお望みでやっているんだとおっしゃるでしょうが、あなたの嫌いなサイトが「だれがみても悪いサイト」ではないのです。その広告を必要としている人も世の中にいるということをよく考えて、素直に投票のつもりで、本心から知りたい情報の含まれる広告だけをクリックしてあげてください。
あと、人気のない(=だれにもクリックされない)広告は安いビューでしか予算が消化されないために長時間クリック数を満たすまで表示されることになり目立ってしまいますが、テレビとおなじで、1つも広告のないコンテンツは成り立ちません。気持ちのよい広告だけをクリックすることでアレンジすることなら簡単にできます。
 
あとは、クリック時は好意をもって素直に行動したとしても、それがバナーにだまされていただけで中身は不快だったということもあり得ますが、対処方法は最初に書いたとおりです。
応援したい広告をみかけたら、ブログかツイッターにでも書いてあげてください。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません