匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

水先案内人(パイロット)ですけど、日本ではこの制度いつから始まったのです? 明治維新後の制度の整備、というか、西洋流に整備の過程でできたわけですか。それとも江戸時代からそういう役割果たす人が各主要港に居たんですか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2016/09/25 22:48:44
  • 終了:2016/10/02 22:50:03

回答(1件)

匿名回答2号 No.1

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2016/09/26 00:36:53

https://www.jsanet.or.jp/seminar/text/seminar_279.html

日本の江戸時代にも、関門海峡には「関落(せきおとし)」「付船(つけぶね)」、新潟には「水戸教(みとおしえ)」という水先案内人がいた。

だそうです。

追記:
http://www.bousai.go.jp/kyoiku/kyokun/kyoukunnokeishou/rep/1890--ertugrulJIKEN/pdf/1890--ertugrulJIKEN_05_chap1.pdf
このPDFファイル7ページ目下部が成立過程の解説で、
明治9年の米船籍ソルブライ号座礁事故がきっかけとなったとの事。

  • 匿名回答1号
    匿名回答1号 2016/09/25 23:31:18
    日本では海賊がいたり、海上の関所で通行料を取ったりする伝統がありますね。
    東洋的にはパイロットの制度はない。
    横浜あたりで初期の雛形がありそうな気もする。
    公式には、たぶん明治の終わり頃って感じがするけど。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません