匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

名前空間ってなんれすか

クソ雑魚ナメクジでもわかるように教えていただけるとありがたいです

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2016/11/12 21:47:15
  • 終了:2016/11/19 21:50:03

回答(2件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2016/11/13 01:06:20

ちらっと調べると、プログラミングの変数名の命名において、
変数名の競合が起きないようにするための回避手段、
といった感じのようです。

変数名が競合するとどうなるのかというと、
プログラム作者が知らないところで変数の値が書き変わってしまう可能性があって、
それは実行結果が期待したものにならない可能性へと繋がるという事を意味します。

他2件のコメントを見る
匿名質問者

迅速な返信ありがとうございます。
申し訳ないのですが、リンク先の解説はちょっと難しくてよくわからないです。
クソ雑魚ナメクジ的には難しすぎてなんだか溶けてしまいそうです。
もう少しやさしく教えていただけませんでしょうか。

2016/11/13 02:08:54
匿名回答1号

どこがどうわからないのかわからないというかw

もっとシンプルなこっちの方が分りやすいだろうか。
http://www.geocities.jp/bleis_tift/cpp/namespace.html

2016/11/13 02:31:47
匿名回答3号 No.2

匿名回答3号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2016/11/15 14:15:58

お前が課長に
「あ~チミチミ、佐藤さんにこの仕事依頼しといて。シクヨロ!」とか言われても
「え?誰?どこの佐藤さんっすか??佐藤とかいっぱいい過ぎてマジわかんねっすけどwww」てなるっしょ?
「つかえねーな、空気読めよ。ブラック産業::社畜事業部::第3課::佐藤さんだよ!」って言われたら
「りょーかいっす!」ってなるじゃん
この「ブラック産業」とかってのが名前空間ってヤツな。
名前空間は階層化もできたりするから「ブラック産業::社畜事業部::第3課」と「ブラック産業::人事部」の両方に「佐藤さん」がいても区別できるわけさ。これが名前空間ってやつ。簡単っしょ?
こういうふうに名前空間ってやつでクラスを定義しとけば同じ名前がかぶってても大丈夫なんよ。

あと、課長に「おう、これから俺が仕事振るときに佐藤さんつったら第3課のことだかんな!?」
つって言われたとするじゃん。そういう風に名前空間を固定すんのがusing宣言ね。
「課長が宣言したんすから、これから佐藤つったらその人の事と思って動くから、他の課の佐藤とかしらねーから」っつー感じで動けばいいって訳よ。
いちいち長い呼び方しなくて済むから楽っしょ。

おk?

  • 匿名回答2号
    匿名回答2号 2016/11/13 20:21:25
    そうなると一番わかりやすいのは姓名の例でしょうか。

    たとえばある学校の1年1組に「佐藤Aさん」、1年2組に「佐藤Bさん」がいるパターンを考えてみます。
    このとき、1年1組の授業で「佐藤さん」といえば自動的に佐藤Aさんを指し、1年2組の授業で「佐藤さん」といえば自動的に佐藤Bさんを指す、というのが一般的だと思います。
    ところがこれが1年1組と1年2組の合同授業で「佐藤さん」と呼びかけるとどちらの佐藤さんを指しているのか判別がつかないわけで、その場合は「佐藤Aさん」とフルネームで呼ぶか「1年1組の佐藤さん」と呼ばないと明示的に佐藤Aさんのことだ、とわからなくなるわけです。

    このときの「1年1組」「1年2組」という分類のことを名前空間と呼ぶ、というところでしょうか。
    プログラム上での説明は匿名回答1号さんのリンクに任せます。

    確かこんな説明をしているページがどこかにあったと思うのですが…。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません