1479390459 中学三年理科、至急お願いします。生物のつながりの遺伝子の組み合わせの問題です。

写真の問題の解説をお願いします。答えはエ、になります。
中学生にも分かる様に教えて下さい。急いでいるので早めにお願い致します。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2016/11/17 22:47:39
  • 終了:2016/11/20 22:50:03

回答(2件)

id:qpg No.1

匿名質問者回答回数4ベストアンサー獲得回数12016/11/18 22:51:50

過去に同じような質問がされてます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14120747884

id:ilohana

ありがとうございました。参考にさせて頂きます。

2016/12/13 16:19:15
id:NAPORIN No.2

なぽりん回答回数4697ベストアンサー獲得回数8612016/11/19 11:14:55

上の人の答えは似てるようで全く違います。
しわなし遺伝子を○、2つそろうとシワのできる遺伝子を△とします。
豆は遺伝子を2つずつもっています。

この場合、初代のシワ豆がもっている遺伝子は△△です。
初代の丸豆の遺伝子は○と何かです。
受粉させてみたらシワと丸が半々でできた。
このことから、丸豆は○△という組み合わせ遺伝子の丸豆だったことがわかります。
もし丸豆が○○だったら子供は全員丸豆ですから。
 
f:id:NAPORIN:20161119111149p:image


右から2行目を縦にみるとちゃんと2:2で半々になっています。
これで、問一の答えはわかりました。

問二は、

子供のなかから外見をみて丸豆をえらびます。
このとき選ばれる丸豆は中身が○△になってます。
これが子供の次の代である孫をつくると

f:id:NAPORIN:20161119111237p:image

・・たぶん、答えはウなのですが。
Eが答えとなるとしたら、「子の代の孫」「問題の初代からみるとひ孫」のようです。
ひ孫のことまでは聞かれてませんが、コメントで教えてくれている人がいるので勉強までにどうぞ。

id:ilohana

表が使ってあって分かりやすかったです。ありがとうございました。

2016/12/13 16:22:54
  • id:iOS10
    Владимир Р. Бухарин 2016/11/18 23:27:12
    優性(丸い種子)をA、劣性(しわの種子)をBとし、子がABのとき、孫はAA、AB、AB、BBという組み合わせの遺伝子になります。
    AAの組み合わせの個体はもちろんAの形質を示し、ABの組み合わせの個体はAの形質を表すので、Bの形質を示すのはBBのものだけ。
    だから孫の代は、3(Aの形質を示した丸い種子):1(Bの形質を示したしわの種子)となる。

    次にひ孫。
    元々孫の代は、AA:AB:BB=1:2:1だから、数を合わせると、
    孫AA:AA、AA=2
    孫AB:AA:AB:BB=1:2:1
    孫BB:BB、BB=2
    となり、
    AA:Aa:aa=3:2:3=5:3
    となりますので、ひ孫の割合は5:3となるはずなんです。

    この問題集の問題の日本語が理解できず、あの問題に沿って答えてないので間違えてるかもしれませんからコメントで失礼します。
  • id:ilohana
    分かりやすい説明で助かりました。ありがとうございました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません