匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

正社員から業務委託になります。


社会保険など、今まで会社が負担しており 今後自己負担することになるもの、およびその金額をおおまかに教えて頂きたいです。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2016/12/09 22:43:03
  • 終了:2016/12/16 22:45:03

回答(4件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2016/12/10 10:34:27

年金と健康保険は雇用主と折半でしたから、それが全額自己負担になるかな。
簡単に考えて2倍ですね
(給与の支給総額ー控除(厚生年金・健康保険・雇用保険などの社会保険料、所得税・市県民税)=課税対象)×所得税(所得に応じた累進税率)=所得税額
課税対象ー控除額=手取り額
ですから、
控除のところの、社会保険料の自己負担がほぼ2倍になるかと。

匿名回答3号 No.2

匿名回答3号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2016/12/11 21:31:41

雇用保険が無くなりますから、失業しでも失業手当はもらえません。
失業したときの備えは自分で貯金などをしておくことになります。

匿名回答4号 No.3

匿名回答4号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2016/12/11 22:18:48

住民税を特別徴収されていたのであれば、今後はご自分で支払います。
所得税も源泉からご自分で。
経費の計上の仕方で増減はありますが、確定申告など手間が増えるのは間違いないです。

匿名回答5号 No.4

匿名回答5号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2016/12/13 15:57:49

1.所得税
毎年2月~3月に確定申告して支払います。
2.国民健康保険
所得税に応じて請求されます。
3.国民年金
会社員の場合は厚生年金(給与のおよそ18%を会社と折半)、ですが業務委託であれば国民年金(一律約1万6000円前後)
4.住民税
所得税に応じて請求されます。
5.(その気があれば)国民年金基金
 国民年金だけで老後が不安なようであれば、こちらを追加で支払う。

こちらの書籍がおすすめ。
『フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。』(きたみりゅうじ著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4534040016

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません