ライセンスについて。


「license under GNU GPL」「OFL」と書かれて配布されているフォントは、
そのサブセットをpdfに埋め込んで販売しても問題ないでしょうか?

どこが配布している何というフォントです、、、など、
配布元について何も書かずに販売しても問題ないでしょうか?

フォントだけでの販売はしません。

https://ja.wikipedia.org/wiki/SIL_Open_Font_License
https://www.gnu.org/licenses/gpl-faq.ja.html
これらのページを見ると、上記の目的であれば問題は無い気がするのですが、
確認の意味も込めて質問させて頂きました。

宜しくお願いします。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2017/02/02 14:06:13
  • 終了:2017/02/02 22:21:45

ベストアンサー

id:a-kuma3 No.1

a-kuma3回答回数4621ベストアンサー獲得回数19562017/02/02 15:51:33

ポイント300pt

OFL については、全く問題ありません。
埋め込みなど自由にできるし、このライセンスはフォントを埋め込んだドキュメントには適用されないと明示的に書いてあります。

PREAMBLE
 ...
                               The
requirement for fonts to remain under this license does not apply
to any document created using the fonts or their derivatives.

OFL web version


GPL の方がちょっとめんどくさい。
GPL の v2 なのか v3 なのかで、ちょっと気になるところはあるのですが、どちらでも販売は可能です。
でも、利用許諾は明示する必要があります。

問題は、GPL の派生物には GPL が適用されるということ。
つまり、販売した先が無償で再頒布することを、あなたは制限できません。

ただ、「GPL フォント例外」というのがあるらしく、これがフォントのライセンス表示に明記されているフォントを改変せずに埋め込むドキュメントには GPL は適用されない、とあります。
https://www.gnu.org/licenses/gpl-faq.html#FontException
http://www.fsf.org/blogs/licensing/20050425novalis

v2 は、以下の文章が引っ掛かるんですよね。

TERMS AND CONDITIONS FOR COPYING, DISTRIBUTION AND MODIFICATION

b) You must cause any work that you distribute or publish, that in whole or in part contains or is derived from the Program or any part thereof, to be licensed as a whole at no charge to all third parties under the terms of this License

GNU General Public License v2.0 - GNU Project - Free Software Foundation

ただ、フォントを埋め込む場合には PDF に埋め込まれているフォントは「オブジェクトコード」で、「ソースコード」に相当するものはフォントの作者が保有していて、誰でもそのソースコードを利用する権利を無償で手に入れられる、という扱いだとは思います。

ごちゃごちゃ書いたので、GPL の方を整理しておくと、

  • 販売は可能
  • GPL の利用許諾はつける必要がある
  • GPL フォント例外を明示しているフォントを使う場合には気にしなくて良いが、明示されていないフォントの場合には、そのフォントを埋め込んだ文書には GPL が適用される

いちおう、v3 のリンクも貼っておきます。
https://www.gnu.org/licenses/gpl-3.0.en.html

他4件のコメントを見る
id:a-kuma3

こっちはきちんと答えられてよかった :-)

2017/02/02 22:44:26
id:worldtravel

ありがとうございました。 m(_ _)m

2017/02/03 00:23:13

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません