日本と比較して、世界の寄付制度に関して質問です。

例としてアメリカではモノも寄付ができて、他には労働力も寄付できると聞いたことがあるのですが、労働力も寄付?と調べたところいまいちわからず。
寄付金の控除ではボランティアをした場合にはそれに要した交通費(燃料は1マイルあたり14セント)、駐車場代等が対象になる、現金寄付でも見返り(食事やギフト等)があった場合にはその見返りを上回る分のみが控除の対象となる点など、日本と異なる特徴もあります。
ボランティアとして働いた労働力が寄付控除対象になる、または類推できる意味として、何か似たようなことありますか?
アメリカの場合はモノであれば対象物の中古価格の販売価格になるが、この場合の労働力の価格算出って、、と疑問に思うこともあるのですが、とりあえず世界の事情としてはどうだろうと訊いてみました。

何かご存知でしたら教えて頂ければと思います。よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2017/02/27 16:22:46
  • 終了:2017/03/29 16:22:46

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません