匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

パートナーが飲酒とタバコをやめられません。もう諦めた方がよいでしょうか?

飲酒は頭と体に障害が出てますし、タバコは私が我慢できません。遠距離で年に数回しか会えないのですが、「もう絶対にやらない」と毎日オンラインで言わせていても、食事をするとたまらなくタバコが吸いたくなるし、ストレスがあるとどうしても飲酒したくなるようです。
飲酒やタバコが原因で、これまで二度ほど大騒動が起こっていて、警察沙汰にもなり入院にもなってますし、今回はせっかく入った大学も中退することになりそうです。飲酒タバコで物凄く痛いめにあってるはずなのに。本人は絶対に今度こそやめると言ってますが、もうパートナーとの関係を諦めた方がよいでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2017/02/28 15:48:31
  • 終了:2017/03/07 15:50:03

回答(5件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2017/02/28 19:58:07

遠距離なら見てないときにたばこも酒もやっているでしょう。
本当に嫌なら分かれたほうが良いです。
アルコール中毒っぽいのであればちゃんと病院などに行って確認したほうが良いと思います。

匿名回答2号 No.2

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2017/02/28 20:48:35

依存症ですから、本人の努力だけでは治療できません。
特にタバコは依存性が強く、肺ガンなどの病気になって入院で止めさせられた例はありますが、死にそうな目に遭っても入院中に隠れて吸う患者があとを絶たないそうです。
喫煙が見つかったら普通は強制退院させられるんですけどね。

見捨てた方が良いです。

匿名回答3号 No.3

匿名回答3号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2017/02/28 21:33:55

依存症でしょうね
でも、そこまで依存しなければ
>飲酒は頭と体に障害が出て
なんてのは誇張なのですが、まぁ出ているという程なら余程でしょうねw
酒もたばこも世の大半の方が嗜んで大概は何の影響も無く健康に暮らしています。
なので、普通に考えれば酒もタバコも節度をもって嗜めばストレス解消に有効です。
ただ、大学生で飲酒は頭と体に障害が出ている程ならもうダメでしょう
そんな人間を入学させ?在学させている程度の大学もダメでしょうw

匿名回答4号 No.4

匿名回答4号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2017/03/01 16:38:55

見捨てなさい。あなたはまだ若いから、好きという気持ちと、立ち直ってくれるんじゃないかという期待があるかと思うが、ほぼ間違いなくムリ。長期的に寄り添ってケアが必要な状態だと思うが、それができるのは家族だけ。家族であっても見放すことも多いのに、赤の他人のあなたが彼を立ち直らせるのは不可能だろう。
ていうか大学生でストレスで飲むとか意味判らんよ。ただの言い訳。依存症の特徴として「依存をごまかすために嘘をつく」というのがあって、それがもう出ていると思う。

匿名回答5号 No.5

匿名回答5号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2017/03/03 11:44:31

NHKの某暴露番組で薬物依存を扱った回にて誰かが言っていた気がしますが、病院にかかるレベルの依存症であればそこから意志の力で抜け出すことはどんなに強い人でも不可能なのだそうです。

「もう絶対にやめる」
と言っている間はまだ自分自身の依存症に対する理解が浅い状態で、まずやめることはできない。
一方、自分の依存と正面から向き合い戦う用意ができた人からは
「またいつやってしまうかもわからない(けれどそのときにはなるべく早く抜け出せるように努力したい)」
というような言葉が出てくる、ということでした。

なので「もう絶対にやめる」は言わせないほうがいいのではないかと思います。
やめる宣言→結局やめられない→自己評価の低落→落ち込みを紛らわせるためにさらに依存対象に走る、のループにはまってしまうだけです。

4号さんが書かれている通り、現実的に考えてそのような状態の人の助けになれるのは家族だけです。友人が助けになろうとして逆に最悪の結末を迎えてしまったケースも知っています。
その方の依存がどの程度の依存なのか、病名として「依存症」がつくレベルなのかただの自称なのかわかりませんが、どちらにしても「やめられない」状況が続いているのであれば、積極的に関わるよりも状況がよくなるまで静観しておくというスタンスを取ったほうが相手の方のためにもよいのではないかと思えます。

相手の方が大切でこれからもずっと関係を続けていきたいと思うのであれば、その気持ちとともに「よくなったら連絡してほしい」と伝えたうえで一度距離を置いたほうがよいと思います。

正直もう愛想が尽きているのであれば、迷う余地はありません。きちんと別れましょう。たとえ本当の「依存症」だったとしても付き合い続けるのはよほどの自己犠牲精神がないと無理です。自分の人生のためにそのような状態の人と別れることはなんら責められることではありません。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません