Microsoft Excelで同一人物の複数のeメールアドレスを参照したい


あ さんはeメールアドレス (eメールアドレスではなくても住所でも電話番号でもなんでもいいです、都合のよいように読んでください。) を3つ、い さんは2つもっている場合、あ さんのメールアドレス 1から3 をほかのセルから参照することはできるのでしょうか。

ふつうの参照でもいいのかもしれませんが、並び替えなどでメールアドレスの順番が変更されたときに面倒そうですし、関数はよさそうなものが (自分の力では) みつからなかったのですが、やはり自力でコピーペーストするか、マクロをつかうかしかないのでしょうか...。
もし関数があればおしえてくださるとたすかります。
関数がなければコピーペーストやマクロでがんばります...。

※人力検索は画像が小さすぎるので画像は以下のURLからごらんください。
https://answers.microsoft.com/ja-jp/msoffice/forum/msoffice_excel-mso_winother/%e5%90%8c%e4%b8%80%e4%ba%ba%e7%89%a9%e3%81%ae/7cc78983-b54f-4556-baf7-e66846c8b7d9i'm

回答の条件
  • 1人50回まで
  • 登録:2017/05/29 13:29:26
  • 終了:2017/06/12 13:30:03
id:portal18

画像がうまく貼りつけられていませんでした。
画像はフォトライフにもアップロードしましたのでご確認ください。
http://f.hatena.ne.jp/portal18/20170530132149

ベストアンサー

id:gfik No.1

いつか回答回数12ベストアンサー獲得回数82017/05/31 19:55:33

私が思いつく方法だと、いろいろと追加する必要があり、また一人の最大件数がわかっていないといけませんが、図の方法でできると思います。

画像を貼りつける方法がわからなかったので、
自分のブログに画像を貼ったので、
すみませんがそちらを見てください。
(画像貼り付け方法がわかったのでURLを削除しました。)
きれいな作り方ではありませんが、一応できます。

他3件のコメントを見る
id:portal18

検索でここまでたどりつくかたもいるとおもいます。
そのなかには、「画像だけではわかりにくい!」というかたもいらっしゃるかもしれないので、文字で参照方法の補足をしておきますね。(入力例にかんしては上記回答者さんの画像を参照のこと)

  1. まずは、元データのところに1番、2番... と番号をつけていきます。(名前が変わったところで1番にもどる)
  2. つぎに、名前を入力する枠をどこかにもうけます。
    VLOOKUP 関数で入力した名前にたいしていちばん大きい番号を検索させます。
  3. そのつぎに、番号だけを表示する枠をもうけます。
    • ここで重要なポイントは、IF 関数を使用して、VLOOKUPで表示された最大番号と比較、最大番号以下の場合のみ数字を表示、最大番号をこえた場合は空欄になるようにします。
  4. さいごに、INDEX 関数や、MATCH 関数を使用して、名前の入力枠と番号の表示枠からデータを検索、名前と番号に一致したデータを表示させます。
    • 番号を直接入力するのではなく、番号の表示枠から検索しているため、上記のような最大番号を超えた部分は空欄を検索しようとするため、参照エラーになって表示されなくなり、結果としてひとりのデータのみ表示されることになります。
    • 参照エラーの表示が気になるなら、IFERROR 関数でエラー時の表示を空欄に設定しておけば、エラーが表示されなくなります。
2017/06/22 20:57:24
id:portal18

並べ替えへの対応方法もありがとうございます。
もし並べ替えが必要になったときは新しい方法もためしてみようとおもいます。

2017/06/22 20:59:25

その他の回答(0件)

id:gfik No.1

いつか回答回数12ベストアンサー獲得回数82017/05/31 19:55:33ここでベストアンサー

私が思いつく方法だと、いろいろと追加する必要があり、また一人の最大件数がわかっていないといけませんが、図の方法でできると思います。

画像を貼りつける方法がわからなかったので、
自分のブログに画像を貼ったので、
すみませんがそちらを見てください。
(画像貼り付け方法がわかったのでURLを削除しました。)
きれいな作り方ではありませんが、一応できます。

他3件のコメントを見る
id:portal18

検索でここまでたどりつくかたもいるとおもいます。
そのなかには、「画像だけではわかりにくい!」というかたもいらっしゃるかもしれないので、文字で参照方法の補足をしておきますね。(入力例にかんしては上記回答者さんの画像を参照のこと)

  1. まずは、元データのところに1番、2番... と番号をつけていきます。(名前が変わったところで1番にもどる)
  2. つぎに、名前を入力する枠をどこかにもうけます。
    VLOOKUP 関数で入力した名前にたいしていちばん大きい番号を検索させます。
  3. そのつぎに、番号だけを表示する枠をもうけます。
    • ここで重要なポイントは、IF 関数を使用して、VLOOKUPで表示された最大番号と比較、最大番号以下の場合のみ数字を表示、最大番号をこえた場合は空欄になるようにします。
  4. さいごに、INDEX 関数や、MATCH 関数を使用して、名前の入力枠と番号の表示枠からデータを検索、名前と番号に一致したデータを表示させます。
    • 番号を直接入力するのではなく、番号の表示枠から検索しているため、上記のような最大番号を超えた部分は空欄を検索しようとするため、参照エラーになって表示されなくなり、結果としてひとりのデータのみ表示されることになります。
    • 参照エラーの表示が気になるなら、IFERROR 関数でエラー時の表示を空欄に設定しておけば、エラーが表示されなくなります。
2017/06/22 20:57:24
id:portal18

並べ替えへの対応方法もありがとうございます。
もし並べ替えが必要になったときは新しい方法もためしてみようとおもいます。

2017/06/22 20:59:25

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません