今回、ゼリア新薬とビジネスグランドワークスを訴える事となった、新入社員の自殺は吃音が原因と思いますか?


このブログでも個人的見解を書いていますが、
http://imadagimon.hatenablog.jp/entry/2017/08/08/234652

本当に、吃音が原因で起こった悲しい事件だっだんでしょうか?
両親がおっしゃっている「息子は友人が多く・・・」という事が本当なら
社会人になって吃音が原因とは少し思えないのですが?

この出来事についてみなさんは、どう思われましたか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2017/08/09 00:03:25
  • 終了:2017/08/15 19:59:12

ベストアンサー

id:karotousen58 No.2

夏炉冬扇回答回数10ベストアンサー獲得回数42017/08/13 22:38:28

私には、「(カルトくさい)自己開発セミナー受講を義務付けられたが、空気を読めなさすぎた故、セミナーに染まらなかった」過去があります。
この種のセミナーでは、最初に、講師が受講生の誰かを叩かれ役に仕立て、逆らえない空気を作ります。
「吃音の人は叩かれ役として狙われる傾向があるのでは?」と、私は疑っています。

理由
1.私が受講させられたセミナーで、実際に、吃音の人が叩かれ役に仕立てられた。
2.私にセミナー受講をさせた人(セミナーに嵌りきっていた)が、ある吃音者(1の人とは別人)について陰口を叩いていた。
3.バブルの頃、深夜のファミレスで、(話の内容から、セミナー関係者と思われる)集団が会話をしているのを聞いたことがある。そこでも、ある吃音者がボロクソに言われていた。

吃音には、いろいろなタイプがあります。
吃音症 - Wikipedia
「連発型」以外のタイプを知らない人も多いです。「難発型」は、特に誤解されやすいです。
「無視するつもりか」とか「返事しろ」とか、怒鳴られるケースもよくあります。
また、「全ての音で吃る」とは限りません。苦手な音を出すときに、「無意識のうちに顔をしかめてしまう」などといったケースもあります。
吃音者本人も、いろいろと工夫をしています。
・「『えーっと』『あのー』といった類の言葉をはさむと話しやすくなる」場合は、そのようにする。
・例「ゃ、ゅ、ょ」の音が苦手な人の場合、「旅館」ではなく「泊まる所」というような言い換えをする。
・「少し手を動かしながら話すと、話しやすくなる」という場合は、そのようにする。

この「無視したと解釈される」等のことが、「叩かれ役にするための口実」として好都合とされているのでは? と私は疑っています。
私が受講させられたセミナーでは、吃音者に対して、講師等が次のような態度を取りました。
・「えーと」などと言う度に、「ほらほら、言い訳を考えてる」「かっこつけて話そうとしている」という言葉を返した。
・「話し方がぎこちないのは、心を開いていない証拠。人を見下している証拠。」と言って責め続けた。
・「使っている言葉がおかしい」と言って責めた。
・「話しているときに体を動かすなんて、人を見下している」と言って、責め続けた。

「かっこつけてしゃべろうとするから、どもる」という解釈は、理由2や3であげた人たちもやっていました。

id:imadagimon

ご意見ありがとうございます。

セミナーもある程度強制的な側面がないと効果がないというものわからなくはないですが、
あくまで講師側の人達は一番は受講者のことを思ってセミナーしてほしいものですね。

講師の自己満足のためのセミナーなどはとんでもありません。
でも、客観的にもてもどこでそれを線引きするかはかなり難しいですけど。
あくまで、結果論でしかない感じもします。

2017/08/15 19:58:52
id:karotousen58

この種のセミナーについて、「悪質なカルト」と私は認識しています。
「どもる人が悪い」わけではなく、「セミナー側が悪質」です。「マインドコントロールのために、まず最初に叩かれ役をつくる」といったところだと思います。

私が受講させられたセミナーで叩かれ役にされた人は、他の受講生からも袋叩きにされていました。休憩や食事の時間にも罵倒されていました。
「『いくらでも罵倒してよい』というお墨付きを得た」と言わんばかりの態度を、他の受講生も取っていました。私は空気を読めなさすぎる行動を取っていたので、「その吃音者の次に悪い人」と認識されていたのかもしれません。

私に対しても、他の受講生が罵倒してきました。その吃音者に対する罵倒はもっと酷かったのだろうと思います。「周りのほとんど全員が、四六時中罵倒する」状態が続いたのでは?と思います。
「吃音が原因」というか、「セミナー関係者が吃音にかこつけて、悪質なマインドコントロールを続けた」といった所だと思います。

2017/08/15 21:30:30

その他の回答(1件)

id:adlib No.1

adlib回答回数1950ベストアンサー獲得回数1202017/08/09 14:36:25

 
〔1〕 さらば、侮蔑語
 
 たとえば、有望な若手女優を、ブスと呼んだ演出家の例があります。
 もともと彼は、シェイクスピアの舞台稽古で、灰皿を投げつけてきた
実績があり、いわば捨て身のパフォーマンスで有名でした。
 
 蜷川 幸雄  演出 19351015 埼玉 20160512 80 /真山 知子の夫 [A]
♀寺島 しのぶ 女優 19721228 東京 /籍=忍/純子&尾上 菊五郎の娘
http://twilog.org/awalibrary/search?word=%E8%9C%B7%E5%B7%9D%20%E5%B9%B8%E9%9B%84&ao=a
 
 当然、ハゲやブスと罵られても、笑ってやりすごす人もいるでしょう。
 よほど自信があるか、さもなくば強い庇護者の存在があるからです。
 しかるに、入社試験に受かったばかりの新人にとっては、致命的です。
 
〔2〕 さらば、虎の威
 
 この事件の争点は、新人研修の手法が合理的かどうかにあります。
 たとえば、ハゲの新入社員に、ハゲと呼ぶのは、あきらかに不法です。
 ハゲを苦にして自殺したかどうかが論点ではないのです。
 
 もう一歩すすめて、指導教官そのものの存在感にも、疑問を感じます。
 研修会社から派遣されてきただけで、あやしげなマニュアルにそって、
心細い新入社員を叱りつけるのは、かなり危うい仕事のはずです。
 
 ここに共通するのは、指導者といえども身分が不安定なので、あえて
ハッタリを利かせるために、理不尽なことを強要したとみられます。
http://twilog.org/awalibrary/search?word=%E3%83%8F%E3%82%B2&ao=a
 
〔3〕 さらば、過労死
 
…… ゼリア新薬「ある種異様な」新人研修で「過去のいじめ体験」を告白
させられ「吃音」を指摘された直後に自死、2015 労災認定。20170808 提訴。
https://twitter.com/awalibrary/status/894910520616140800
 
https://www.youtube.com/watch?v=91fwNsdt1Ig(20161206 09:40)
 電通の事件。彼女は本当に労災だったか?(武田 邦彦)
http://twilog.org/awalibrary/search?word=%E9%81%8E%E5%8A%B4%E6%AD%BB&ao=a
 
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20131219
 餃子の王将 ~ 早い、安い、うまい ~
https://www.ohsho.co.jp/company/training.html
 
♀森 美菜 ワタミ正社員 1982‥‥ 神奈川 20080612 26 /過労死自殺
http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4860631242
── 渡邉 美樹《夢に日付を! “夢実現の手帳術”20051024 あさ出版》
 
〔4〕 さらば、スポ根
 
…… 最近体罰問題がありますが皆さんはどうお考えですか?
http://q.hatena.ne.jp/1359208184#a1187299(No.1 20130127 13:18:04)
 さらば、アンフェア! ~ スポーツマン・シップを失うな ~
 
…… あの“暴れん坊”の息子を殴ったのは、どこの誰ですか?
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10100250650
(20130114 14:06:14)さらば、スポ根! ~ 元祖いてまえ男 ~
 
…… 怒った顔をして走るのと、笑いながら走るのでは速さが全然違う。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10100008890
(20130109 22:42:23)さらば、スポ根! ~ 脱暴力への挑戦 ~
 
…… 練習時間を短くして、脳内イメージを高めます。
http://q.hatena.ne.jp/1349683384#a1171655(No.2 20121008 18:10:57)
 ムリ・ムダ・ムラ ~ さらば、スポ根 ~
 
〔5〕 さらば、吃音症
 
…… もともと吃音だったからでね。「こんちわ」ってところから始め
たりして、つごうのわるいとこは、端折っちゃった(三遊亭 円歌)。
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20040529 続・中沢家の人々
 
 Maugham, William 18740125 France 19651216 91 /
 Sartre, Jean-Paul 19050621 France 19800415 74 /1964 ノーベル賞辞退
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/2103246.html(No.2 20060420 16:28)
 |
 大江 健三郎    19350131 愛媛 /伊丹 十三の義弟/19941013 ノーベル賞
…… 少ない時間に多くのことを語ろうとしたため吃音になった。
http://q.hatena.ne.jp/1155305870#a586558(No.8 20060812 02:39:32)
 
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20051221
 自殺学入門 ~ 利他・利己・虚無・呪縛 ~
http://q.hatena.ne.jp/1481743945#a1260737(No.1 20161215 06:12:24)
 

id:karotousen58 No.2

夏炉冬扇回答回数10ベストアンサー獲得回数42017/08/13 22:38:28ここでベストアンサー

私には、「(カルトくさい)自己開発セミナー受講を義務付けられたが、空気を読めなさすぎた故、セミナーに染まらなかった」過去があります。
この種のセミナーでは、最初に、講師が受講生の誰かを叩かれ役に仕立て、逆らえない空気を作ります。
「吃音の人は叩かれ役として狙われる傾向があるのでは?」と、私は疑っています。

理由
1.私が受講させられたセミナーで、実際に、吃音の人が叩かれ役に仕立てられた。
2.私にセミナー受講をさせた人(セミナーに嵌りきっていた)が、ある吃音者(1の人とは別人)について陰口を叩いていた。
3.バブルの頃、深夜のファミレスで、(話の内容から、セミナー関係者と思われる)集団が会話をしているのを聞いたことがある。そこでも、ある吃音者がボロクソに言われていた。

吃音には、いろいろなタイプがあります。
吃音症 - Wikipedia
「連発型」以外のタイプを知らない人も多いです。「難発型」は、特に誤解されやすいです。
「無視するつもりか」とか「返事しろ」とか、怒鳴られるケースもよくあります。
また、「全ての音で吃る」とは限りません。苦手な音を出すときに、「無意識のうちに顔をしかめてしまう」などといったケースもあります。
吃音者本人も、いろいろと工夫をしています。
・「『えーっと』『あのー』といった類の言葉をはさむと話しやすくなる」場合は、そのようにする。
・例「ゃ、ゅ、ょ」の音が苦手な人の場合、「旅館」ではなく「泊まる所」というような言い換えをする。
・「少し手を動かしながら話すと、話しやすくなる」という場合は、そのようにする。

この「無視したと解釈される」等のことが、「叩かれ役にするための口実」として好都合とされているのでは? と私は疑っています。
私が受講させられたセミナーでは、吃音者に対して、講師等が次のような態度を取りました。
・「えーと」などと言う度に、「ほらほら、言い訳を考えてる」「かっこつけて話そうとしている」という言葉を返した。
・「話し方がぎこちないのは、心を開いていない証拠。人を見下している証拠。」と言って責め続けた。
・「使っている言葉がおかしい」と言って責めた。
・「話しているときに体を動かすなんて、人を見下している」と言って、責め続けた。

「かっこつけてしゃべろうとするから、どもる」という解釈は、理由2や3であげた人たちもやっていました。

id:imadagimon

ご意見ありがとうございます。

セミナーもある程度強制的な側面がないと効果がないというものわからなくはないですが、
あくまで講師側の人達は一番は受講者のことを思ってセミナーしてほしいものですね。

講師の自己満足のためのセミナーなどはとんでもありません。
でも、客観的にもてもどこでそれを線引きするかはかなり難しいですけど。
あくまで、結果論でしかない感じもします。

2017/08/15 19:58:52
id:karotousen58

この種のセミナーについて、「悪質なカルト」と私は認識しています。
「どもる人が悪い」わけではなく、「セミナー側が悪質」です。「マインドコントロールのために、まず最初に叩かれ役をつくる」といったところだと思います。

私が受講させられたセミナーで叩かれ役にされた人は、他の受講生からも袋叩きにされていました。休憩や食事の時間にも罵倒されていました。
「『いくらでも罵倒してよい』というお墨付きを得た」と言わんばかりの態度を、他の受講生も取っていました。私は空気を読めなさすぎる行動を取っていたので、「その吃音者の次に悪い人」と認識されていたのかもしれません。

私に対しても、他の受講生が罵倒してきました。その吃音者に対する罵倒はもっと酷かったのだろうと思います。「周りのほとんど全員が、四六時中罵倒する」状態が続いたのでは?と思います。
「吃音が原因」というか、「セミナー関係者が吃音にかこつけて、悪質なマインドコントロールを続けた」といった所だと思います。

2017/08/15 21:30:30
  • id:NAPORIN
    私も記事をざっとみていて、もともと気にするほどの吃音症状はなかったのに「むりやり反省ネタをひねりださせられるという不合理な精神圧迫を含む研修を受けた」ことによってアイデンティティ(自己認識)に一時的な混乱が生じたことが悲しい結果につながったのかなとうけとめそうになったのですが、いずれにせよこのような事件ではネット越しの記事ではなにをどううけてもしかたがありません。
    本人や近しい人の感じ方が一番大事ですし、このような科学的根拠のない(経営的根拠はあるのかもしれませんが)不合理な研修は無くなってほしい、自分より年下の世代に受けさせたくないと感じました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません