匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

聖書翻訳事業を行う英国外国聖書協会ですが、ウエールズ女性の行動が発端と書いていました。当時は、ウエールズでは、英語はあまり普及していなかったのでしょうか。今は、ウエールズでは、英語がだれにでも通じると思います。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2017/09/18 11:45:55
  • 終了:2017/09/25 11:50:04

回答(0件)

回答はまだありません

  • 匿名回答1号
    匿名回答1号 2017/09/19 00:04:30
    外国語聖書の翻訳拠点ですね
    英語は無関係なんじゃない?
  • 匿名質問者
    匿名質問者 2017/09/20 00:44:47
    そうですね。ありがとうございます。
    イングランド人にとって、英語の聖書があれば、自分で聖書が読めるので問題ないわけですが、
    もっとも身近な外国語(少数民族後)がウエールズ語だと思います。
    ウエールズはイングランドの属領ですけど、そこに住む人にとっては、当時は、英語は母語ではない状態?だったんだと思います。
    「母語で聖書を読めない人が居る」ということに気が付くキッカケになったんだと思いました。

    まどろっこしいことを申すと~、
    イングランドには、欽定訳があって、それを使っていたので、誰も困っていなかったけど、ウェールズ人は、当時、英語の堪能でない人がが多く、困ってしまった。というようなことかと思いました。
    イングランド人の識字率、イングランドで、実際に聖書読んでいる人がどの程度かわかりませんが、聖書をよりどころとする宗教改革の中で、聖書を、母語で読む必要が起きてきた、と思います。

    少数民族にて、母語で聖書がない人が居た、ということがキッカケ

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません