1512954686 仲介手数料を省くため自分で購入する不動産物件を自分で仲介したいと考えております。必要な資格や条件を教えて下さい。


主な理由は自分が購入を考えている物件だと仲介手数料が200万近くになるため、それであれば自分で資格をとった方がトータルコスト(労力含む)としても十分ペイできると考えているからです。

以下現状の自分の状態です。
・自分の会社はある(不動産業とは無関係)
・ローンを組む予定はない
・不動産にも興味がでてきたので勉強自体のコストはあまり負担に思っていない
・資格は全く持っていない

不動産関係者で実際に自分で購入された経験をお持ちの方にご回答いただければ一番嬉しいです。
ネットで検索した知識だけのご回答はご遠慮ください。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2017/12/11 10:11:25
  • 終了:2017/12/11 14:43:57

ベストアンサー

id:AKIMOTO No.1

@akky回答回数29ベストアンサー獲得回数92017/12/11 11:00:37

ポイント500pt

経験はあります。

仲介というのは売る人と買う人の仲立ちをして売買を補助することなので、自己売買の場合は仲介は不要です。また、自己売買の場合、資格は不要です。

世の中の多くの不動産情報は仲介が紹介しているものですが、仲介を通さないということは、個人ベースで売買の相手を見つけられる必要がありますが、まずそれは大丈夫ですか?

また、売買の相手「も」仲介を通さない売買に同意してもらう必要があります。これは、良く知らない人が仲介を通さないと騙される可能性がとても高くなるため、なかなか同意は得にくいと思います。

それから、ご自分の方はローンを組まないとしても、相手側には多くの場合ローンによる抵当権がついているので、これを外す作業も必要です。売主側の作業ではありますが、通常の場合は登記をする司法書士がセットで面倒を見てくれます。

相手を自分で見つけられて、相手も直接売買に同意している場合、手順としては

  • 売買契約書を作る
  • お金のやりとりをして、登記識別情報を貰う
  • 法務局に行って登記する

以上です。前半を代理してくれるのが宅建業者、後半を代理してくれるのが司法書士で、どちらも他人のを処理する場合は資格が無いと違法ですが、自分のをやるのに資格は要りません。

他3件のコメントを見る
id:AKIMOTO

宅建業の常勤性と専任性というのがあって、(どこの都道府県でも同じなのでたまたま見つかったものを出しますが)
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/2484/00000000/senntori.pdf

フルタイムの宅建士は、同時に他にできることが限定されます。最終的には個々の業務について専任と認められるか問い合わせることになります。

200万円ではペイしないと思います。というか、200万程度の減額であれば、物件自体や手数料の値引きでも達成できることが多いのではないでしょうか。

2017/12/11 14:28:12
id:gelgelgel

私が想定していたものよりかなりハードルが高いことがよく理解できました(笑)
物件の減額の上で仲介手数料も省きたかったのですが、なかなか難しいようですね。
あきらめて物件の値引き交渉の方に力を入れたいと思います。

丁寧にご回答頂きありがとうございました。

2017/12/11 14:43:08

その他の回答(1件)

id:AKIMOTO No.1

@akky回答回数29ベストアンサー獲得回数92017/12/11 11:00:37ここでベストアンサー

ポイント500pt

経験はあります。

仲介というのは売る人と買う人の仲立ちをして売買を補助することなので、自己売買の場合は仲介は不要です。また、自己売買の場合、資格は不要です。

世の中の多くの不動産情報は仲介が紹介しているものですが、仲介を通さないということは、個人ベースで売買の相手を見つけられる必要がありますが、まずそれは大丈夫ですか?

また、売買の相手「も」仲介を通さない売買に同意してもらう必要があります。これは、良く知らない人が仲介を通さないと騙される可能性がとても高くなるため、なかなか同意は得にくいと思います。

それから、ご自分の方はローンを組まないとしても、相手側には多くの場合ローンによる抵当権がついているので、これを外す作業も必要です。売主側の作業ではありますが、通常の場合は登記をする司法書士がセットで面倒を見てくれます。

相手を自分で見つけられて、相手も直接売買に同意している場合、手順としては

  • 売買契約書を作る
  • お金のやりとりをして、登記識別情報を貰う
  • 法務局に行って登記する

以上です。前半を代理してくれるのが宅建業者、後半を代理してくれるのが司法書士で、どちらも他人のを処理する場合は資格が無いと違法ですが、自分のをやるのに資格は要りません。

他3件のコメントを見る
id:AKIMOTO

宅建業の常勤性と専任性というのがあって、(どこの都道府県でも同じなのでたまたま見つかったものを出しますが)
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/2484/00000000/senntori.pdf

フルタイムの宅建士は、同時に他にできることが限定されます。最終的には個々の業務について専任と認められるか問い合わせることになります。

200万円ではペイしないと思います。というか、200万程度の減額であれば、物件自体や手数料の値引きでも達成できることが多いのではないでしょうか。

2017/12/11 14:28:12
id:gelgelgel

私が想定していたものよりかなりハードルが高いことがよく理解できました(笑)
物件の減額の上で仲介手数料も省きたかったのですが、なかなか難しいようですね。
あきらめて物件の値引き交渉の方に力を入れたいと思います。

丁寧にご回答頂きありがとうございました。

2017/12/11 14:43:08
id:nepia11 No.2

nepia11回答回数396ベストアンサー獲得回数772017/12/11 11:03:10

直接取引できれば、仲介業者は不要になります。

仲介料はどの様な業務の対価か?については、以下を。
http://www.yfj.co.jp/qa/service.html
この様に、買い手から見ると、情報の収集・分析やリスクヘッジの機能を持っています。

id:gelgelgel

ご回答有り難うございます。

「直接取引」で仲介業者が不要なことは存じあげております。
あくまでも自身が仲介業者となり相手の仲介業者と取引するのが前提となります。

2017/12/11 13:08:11
id:gelgelgel

【補足】
・個人間での取引はしない(ハードルが高いため)個人間であれば仲介手数料が発生しないことは承知済みです。
・あくまでも自身が仲介業者となり相手の仲介業者と取引する事が前提です。
・相手の仲介業者と自身が仲介業者としてコンタクト取れる立場になる。
・レインズのような仲介業者専用の不動産検索サイト(があれば)閲覧できる権限を持てるようになたい。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません