上場株式を売却した年の確定申告の質問です。


私の昨年の収入は一般口座の株の売却益のみでした。1つの銘柄を売却し得た利益が
475万で取引手数料は3万8千円です。
取得価格は上場前に贈与を受けたため0円です。

昨年は配当所得が27万ありましたがこちらは5万5千円ほど源泉徴収されていました。
総所得は502万となると思いますが、この場合、分離課税と総合課税で確定申告を受けると
違いはありますか?

取得価格が0円ということを税務署の人に話したら、損益通算がないのなら
総合課税ですと返答しました。

分離課税と総合課税のどちらが得かは答えてくれませんので、
よろしければ、教えて頂ければ助かります。

よろしくお願いいたします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2018/02/02 11:30:52
  • 終了:2018/02/09 11:35:05

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません