「男女どちらが道を譲らなく感じるか」のアンケートです。

また、相手にぶつかりそうになったとき、なぜ自分はそのように振る舞うかコメントもいただけると嬉しいです。

回答の条件
  • 途中経過を非公開
  • 男性,女性
  • 13歳以上,20代未満,20代,30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2018/02/13 20:22:18
  • 終了:2018/02/20 20:25:05

回答(40 / 1000件)

Q01あなたの性別は?(択一)

男性27
女性13
合計40

Q02ぶつかりそうな時「相手の男性」があなたに道を譲ってくれる確率は?(択一)

100%(必ず譲ってくれる)0
75%10
50%23
25%4
0%(全く譲ってくれない)3
合計40

Q03ぶつかりそうな時「相手の女性」があなたに道を譲ってくれる確率は?(択一)

100%(必ず譲ってくれる)1
75%8
50%21
25%6
0%(全く譲ってくれない)4
合計40

Q04ぶつかりそうな時、あなたはどうしていますか?(複数選択)

相手が避けないので自分から譲る23
お互いに避けて「ハッハッ…ハッ」と反復横跳びになる15
自分は動かず相手が避けるまで待つ(無言)3
声を掛けて相手をどかせる0
曲がったりUターンしてその進路を避ける2
相手にぶつかりに行く5
その他(コメントいただけると嬉しいです)5
合計40

集計

×
  • id:adlib
     
     のりひこ君のノリ弁 ~ 男女同権は男女同数によらず ~
     
     男女の年齢、もしくは年齢差・年齢比(percent age)を考慮すれば、
    一歳の女児と百歳の老人、十歳の男児と百歳の老女ではどうでしょうか。
    (あるいは同年代で、二人連れの女性と、一人の男性の場合はどうか)
     
     わたしの母校は共学一貫校でしたが、誰かが教頭に質問しました。
    「男子50人、女子10人の比率は、どうして決められたのですか」
     中学時代には気づかなかったので、なるほどと皆も思いました。
     
     すると教頭は「向こうから女生徒が数人あるいてきて、男生徒ひとり
    では照れくさいが、その逆なら照れくさくない」と自信たっぷりに返答。
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19541122 男女共学の発展のために
     
     つまり、もし成績順なら、毎年同じ合格比率にはならないはずです。
     この件は、大学への推薦入学制度や、教員の子弟特権などと合せて、
    いまなお議論されています。さらに、つぎのような美談もあったのです。
     
    …… 歌手になったHくんは、高校に進むころ家業が傾き、授業料はお
    ろか、弁当も持たされず、それでも日々登校したそうです。
     すると同級生の女の子が、毎日二人前の弁当を持ってきてくれました。
     |
     授業料を払わない生徒に、催促しなかった先生や、娘の話を聞いて、
    二人前の弁当を持たせたお母さんなど、いまや絶滅したのでしょうか。
    http://q.hatena.ne.jp/1424485935#a1244207(No.1 20150222 05:57:14)
     
    http://q.hatena.ne.jp/1509347201#a1265207(No.7 20171101 11:45:37
     はしだ・のりひこ 作曲 19450107 京都 20171202 72 /籍=端田 宣彦
    http://twilog.org/awalibrary/search?word=%E3%81%AE%E3%82%8A%E3%81%B2%E3%81%93&ao=a
     
  • id:zheyang
     まず、ぶつかりそうなとき、自分は必ず道の端に寄ります。
     問題は、
     ・相手が道の端に寄らず真ん中、あるいはこっち寄りを歩いてくる
     ・相手が2,3人で横ならびに歩いて来、道を塞いでいる
     場合です。
     自分がさらに体を避ければ通れなくはないですが、礼儀を知らない相手のためにそこまでやる気は起きません。
     なので直前までそのまま歩きます。するとぶつかる直前にお互いに少し体を避けるので、ぶつからずに済みます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません