匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

ライティング次第でアフィリエイトの売上が10倍も変わるのか?


>なぜ、同じ商品、サービスをアフィリエイトしているのに報酬に10倍もの差がうまれてしまうのか?
>すべてのWeb媒体で反応率・成約率を劇的にUPさせます
という触れ込みでWebライティング力を上げるための情報商材を目にしました。

すごく興味があるのですが、疑問に思うことがあります。

検索順位の良し悪しでアフィリエイトの売上が10倍開くというのなら分かります。

しかし、みんな売るためにアフィリエイトサイトを運営しているのに、ライティングの良し悪しで10倍もアフィリエイトの売上が変わることはありえると思いますか?

売れるライティングと売れないライティングは何が違うと思いますか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2018/03/01 01:20:17
  • 終了:2018/03/07 12:23:25

ベストアンサー

匿名回答3号 No.3

匿名回答3号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2018/03/06 00:33:30

売上が上がるライティングには確固たるノウハウがあります。

上位表示したいのなら長文記事を書くべし
今のgoogleで上位表示を望むのなら長文記事を書くことが必須になっています。googleはテキスト量が多いサイトを評価します。テキスト量が多くしないと順位は上がっていかないんですね。厳密に言うとgoogleは長文を高く評価するというよりも、一般的に長文は専門性、網羅性が高いから高く評価していると思われます。内容がないのに長い記事は評価されません。

リード文で読者の興味を引こう
リード文とはその記事の内容を簡潔に伝えるための文章です。記事の冒頭に書きます。読者は最初にリード文を読むことで、本文を読み進めるか離脱するか決めます。そのためリード文はとても重要です。読者の興味を引くための一つのテクニックとして、リード文は読者に問いかける形を含めると効果的です。

webライティングでは最初に結論を書く
webページに載せる記事は最初に結論を書きましょう。その理由は2つあります。一つはユーザーは手っ取り早く結論を知りたいからです。ユーザーは浮気性なので冒頭に結論が書かれていなければ、ユーザーはすぐ離脱して別にのwebページへ移動します。二つ目の理由は初めに結論を持っていくほうがSEO的にも強いからです。googleはページの上のほうにある文章を重視します。

キーワード出現頻度
自然な形でキーワードを記事の中に盛り込みましょう。記事全体に万遍なく含めるとSEO効果が高いです。キーワードをどうしても入れることができずにキーワード出現頻度が低い項目は思い切って削除して別ページに移動したほうがいいでしょう。

googleから評価されるための共起語とは
「共起語」という言葉をご存知ですか?同義語と似ていますが、共起語とはキーワードとセットで使われることは多い言葉のことです。記事の中にたくさんの「共起語」を含めることもgoogleから評価されるコツです。

参考
http://seosearch.php.xdomain.jp/affiliate/jyu4.html

匿名質問者

SEOを意識したライティングを心がけることで売上が上がるということですね。よく分かりました。

2018/03/07 12:21:55

その他の回答(2件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2018/03/01 11:54:36

ライティングの良し悪しで検索順位は変わります。
ですから、アフィリエイトの売上も変わります。

匿名回答3号

今はいい記事さえ書けば自然と上位表示されると聞きますからね。納得。

2018/03/07 12:16:24
匿名回答2号 No.2

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2018/03/01 13:01:39

サイトそのものの作りにも左右されるでしょうけれど、どこかで見たようなアフィリエイトで売る気まんまんで、商品の良さとか特徴とか、他のサイトと同じことしか書いてないようなページばかり見てると辟易しますよね。
まあ、それでも買う人も居るんでしょうけれど。
欲しい商品があって、それに関する多数のアフィリエイトサイトがある、執筆者はアフィリエイトで儲けている、ところまで理解している訪問者であれば、買う買わないは、サイトの内容で判断するでしょうし、前向きに考えていたとしても、どこのサイトで決めての情報(好印象)を得られるか、とかで、サイトの内容の良し悪しが売り上げに繋がるのはまあ有り得ることだと思いますけど。

内容が薄い、広告臭が酷い、文章が下手くそすぎる、などあれば、すぐに他のサイトに行っちゃいますから。
10倍はまあ言い過ぎというか、それ自体が集客手口で、10倍すごい! って飛びつく人も居れば、本当に? と立ち止まる人も居るわけで。

匿名質問者

「売上10倍」とか具体的な数字を盛り込むと説得力がありますよね。その数字が正しいかどうかという新しい疑問がわいてきますが、

2018/03/07 12:20:18
匿名回答3号 No.3

匿名回答3号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2018/03/06 00:33:30ここでベストアンサー

売上が上がるライティングには確固たるノウハウがあります。

上位表示したいのなら長文記事を書くべし
今のgoogleで上位表示を望むのなら長文記事を書くことが必須になっています。googleはテキスト量が多いサイトを評価します。テキスト量が多くしないと順位は上がっていかないんですね。厳密に言うとgoogleは長文を高く評価するというよりも、一般的に長文は専門性、網羅性が高いから高く評価していると思われます。内容がないのに長い記事は評価されません。

リード文で読者の興味を引こう
リード文とはその記事の内容を簡潔に伝えるための文章です。記事の冒頭に書きます。読者は最初にリード文を読むことで、本文を読み進めるか離脱するか決めます。そのためリード文はとても重要です。読者の興味を引くための一つのテクニックとして、リード文は読者に問いかける形を含めると効果的です。

webライティングでは最初に結論を書く
webページに載せる記事は最初に結論を書きましょう。その理由は2つあります。一つはユーザーは手っ取り早く結論を知りたいからです。ユーザーは浮気性なので冒頭に結論が書かれていなければ、ユーザーはすぐ離脱して別にのwebページへ移動します。二つ目の理由は初めに結論を持っていくほうがSEO的にも強いからです。googleはページの上のほうにある文章を重視します。

キーワード出現頻度
自然な形でキーワードを記事の中に盛り込みましょう。記事全体に万遍なく含めるとSEO効果が高いです。キーワードをどうしても入れることができずにキーワード出現頻度が低い項目は思い切って削除して別ページに移動したほうがいいでしょう。

googleから評価されるための共起語とは
「共起語」という言葉をご存知ですか?同義語と似ていますが、共起語とはキーワードとセットで使われることは多い言葉のことです。記事の中にたくさんの「共起語」を含めることもgoogleから評価されるコツです。

参考
http://seosearch.php.xdomain.jp/affiliate/jyu4.html

匿名質問者

SEOを意識したライティングを心がけることで売上が上がるということですね。よく分かりました。

2018/03/07 12:21:55

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません