匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

ヒトラー暗殺事件で有名なシュタウヘンベルク大佐をウイキペディアで調べたら、伯爵だということでした。


これは、ワイマール共和国の伯爵ではなくて、バイエルン王国の伯爵でした。
バイエルン王国の伯爵位はそのまま、
 ①隣国のヴュルテンベルク王国でも通用したんでしょうか。
   (単なる呼び名として通用したのかもしれないですが、
    ヴュルテンベルク王国での公的行事の席次、
    税金・年貢などで、特権があったのでしょうか)
 ②ワイマール共和国で通用したんでしょうか。バイエルン王国は滅亡済みです。
   (単なる呼び名として通用したのかもしれないですが、)


19世紀に、先祖のフランツ・ルートヴィヒが、
「バイエルン王国国王ルートヴィヒ2世から伯爵(Graf)の世襲爵位を授与された。以降フランツ・ルートヴィヒの子孫のシュタウフェンベルク家は伯爵家となった。」
また、その孫(アルフレート)は、
「シュタウフェンベルク家の所領のうち、ヴュルテンベルク王国領に属するラウトリンゲンを所領」に持ち、ヴュルテンベルク王に仕え、同国軍の少佐になり、侍従長も務めたそうです。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2018/05/12 20:37:08
  • 終了:2018/05/19 20:40:03
匿名質問者

質問者から

匿名質問者2018/05/13 10:20:20

Claus Philipp Maria Schenk Graf von Stauffenbergのソースはこちらです。
ワイマール共和国が、新たに伯爵位を授与することはないと思いますが、既存の伯爵位をそのまま認めるということはありえると思います。特権は認めないと思いますが。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF

 バイエルン王国の伯爵になったのは、シュタウフェンベルク男爵家のフランツ・ルートヴィヒということです。
この男爵位は、神聖ローマ帝国皇帝から貰った帝国男爵ですから、シュタウヘンベルク大佐は、バイエルン王国伯爵と、帝国男爵のふたつを持っていたことになるでしょうか。
しかし、神聖ローマ帝国はずいぶん昔に消滅しています。バイエルン王国も消滅しています。

回答(0件)

匿名質問者

質問者から

匿名質問者2018/05/12 21:05:29

質問文を編集しました。詳細はこちら

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません