グラスに注いだアイスコーヒー。グラスの底にたまったガムシロップを混ぜても、しばらくするとまた下に溜まる理由がわかりません。

ふつう流体は拡散する方向には変化すると思うのですが(エントロピー増大)、これが再集結するということは、コーヒーとガムシロップは水と油のように、混ざり合いにくい性質ということでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2018/06/01 10:32:02
  • 終了:2018/06/08 10:35:05

回答(2件)

id:kamiyaman_blog No.1

kamiyaman_blog回答回数3ベストアンサー獲得回数12018/06/02 09:53:11

混ざりにくくなっているのは温度のせいだと思います
砂糖(ガムシロップ)は水に溶けやすい物質ですが、温度が低いと溶けにくくなるので
溶けなかったガムシロップが底に溜まってしまったのでしょう

もしホットコーヒーなら充分混ざり合うと思います

id:MIYADO No.2

みやど回答回数490ベストアンサー獲得回数992018/06/02 19:46:13

コーヒーが原因なら真水に入れたら混ざるはずですから、対照実験してみてはどうでしょうか。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません