(完全素人)VPS契約の事で教えて頂きたいです。

海外等のネットショップで商品を購入する際に、自分の使用しているPC・環境では
すでにショップに登録済みの自分のクレジットカードで決済は通常に行えますが、
人に頼んでその人のPC・環境で自分のカードで決済をやってもらう際に
顧客保護機能が働いて弾かれる事があります。
これを「VPS契約して、VPS契約でカード決済を行うと弾かれる事がなくなる」
「カード決済専用の環境を作ればいい」と聞きましたが、
この意味が分かりません。

VPS契約して、その後、自分の使用している環境のURLなりを依頼している人に
送って、行って頂くと言うような意味あいになるのでしょうか?
頼んでいる人に自分のVPSの環境を使用してもらうというようなものですか?

また、3~5人ほどの人に同時に頼む事がある場合は、どの程度の
CPUコアというものを選べばいいでしょうか?

VPS契約しようとしていますが、契約してもその後、どうすればそれを活かして
自分以外の環境でもカード決済を行うようにできるのかが分からなくて質問させて頂きました。

宜しくお願い致します。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2018/07/29 08:12:42
  • 終了:2018/08/05 08:15:05

ベストアンサー

id:bnn No.1

bnn回答回数78ベストアンサー獲得回数272018/07/29 13:40:31

ポイント100pt

普段接続している場所と違う場所からの接続があった場合に、店側としてはアカウントが乗っ取られたと警戒して弾くという仕組みかと思います。
なら毎回同じ場所から接続すれば良いということです。

VPSもいくつかの使い方がありますが、サーバー領域が割り当てられるのでOSをインストールしてバーチャルPCとして利用できます。
イメージとしては、東京にパソコンを設置し(VPS)、大阪やアメリカ(自分、関係者)から遠隔操作するといった感じです。
そうするとどこから操作していようと、お店側は東京のPCから接続されていると認識するので保護機能に弾かれません。
ただVPSは素人さんには少し設定や操作が難しいかもしれません。

ショップでの注文だけであればサーバー機能は必要なく、ネットワークを利用するだけのVPNやプロキシだけで十分です。
上記の例えであれば、大阪→ネットショップ、アメリカ→ネットショップ、と接続する際に東京のサーバーを経由させることで
大阪、アメリカ→東京→ネットショップと接続されるので、同じようにお店側は東京から接続されているように認識します。
設定も簡単ですし、業者によって専用ツールがあったりします。

今回の手段としてはVPNでもプロキシでも目的は果たせます。
元々の用途を考えるとVPNの方が安全に接続できますが、企業秘密を扱うとかでなければ個人的にはシンプルなプロキシを使っても問題ない気がしています。
ただ国内では有料のプロキシプロバイダは無いみたいで、VPN業者もあまり多くはありません。
インターリンクが提供しているのを見かけました。

※いずれの場合も、暗号化されるとはいえ個人情報を第三者に経由させるので、信用できそうな業者のサービスを利用してください。
無料サービスもたくさんありますが、おすすめできません。


その前に、ネットショップに事情を説明してみてはいかがでしょうか。
案外対応してくれる場合があります。

id:three_chord

色々とご親切にありがとうございました。

2018/08/07 09:49:14

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません