「与え続ける」という意味での「愛」。それと「依存してしまっている状態」の違いが変わらないです。「心配ばかりして与えること」に依存してしまうというか。

「神仏」に与えられた者に「与え続ける」愛だと思うのですが、やもすると「共依存」のような気も。

ご意見お聞かせ下さい

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2018/07/29 15:39:53
  • 終了:2018/08/05 15:40:05

回答(3件)

id:chiveschives3 No.1

しゅンしゅン回答回数1ベストアンサー獲得回数02018/07/30 17:50:19

ポイント34pt

与え続ける...

見守るとか、受け入れるとか、
そんな関係だと思います。

依存では、自分も相手も共倒れな関係ですね。

id:sekomasahiro

共倒れがポイントですね

2018/08/01 11:29:15
id:TAK_TAK No.2

tak回答回数1043ベストアンサー獲得回数882018/07/30 18:40:40

ポイント33pt

https://ci.nii.ac.jp/naid/110007042595/
与え続ける愛とは特定の誰かに対して、という意味ではないです。

教会に通っているせそさんならば以下のような文言は見聞きしたことがあるのではないかと思うのですが

太陽は善人にも悪人の上にも平等に光を注ぎ、月もまた同様に然りであった。
神は愛する被造物に対して対等に無限の愛を注いでいるのである。
神を崇める者にも、罵倒する者にもである。
したがって愛は、善のみに相対するのではなく、むしろ悪にこそ相対するのである。

キリストの愛は、まさに汝の敵さえ愛した無制限、無差別の愛に他ならなかった。
愛とは、相手と自分をつなぐ絆であり、生かし合う愛である。
これは「ペルソナ(人格)としての愛」とされている。
人間のいつまでも変わらない絶対的人格を対象とした愛なのである。

id:sekomasahiro

確かに、最近フロムという方の本で、与える愛する、は対象というよりは「世界の捉え方」みたいなことだと書いてました。

2018/08/01 11:30:42
id:MIHSA No.3

MIHSA回答回数5ベストアンサー獲得回数02018/07/31 21:16:08

ポイント33pt

与え続けることができるのは神仏のみ。ただの人間に、そこまでの器量はないかと。
自分なりに真剣に考え、相手にとってよかれと思ってする言動がその人なりの「愛」。
それが相手にとって真に有用なものかどうかは、まさに「神のみぞ知る」。
始まりが「愛」の様でも病的ならば結果的に「共依存」にもなり得る。
(自分を適切に愛せない人は他人も適切に愛せないので、その点で病的かと)

  • id:NAPORIN
    与えるというのは、共依存になるよう甘やかすこととは違います。
    「愛とは他者の人生に責任をとっていきたいと申し出ること」です。
    避妊手術や猫エイズワクチンといった責任が一切取れないのに野良猫に気まぐれにチュールという美味な餌を与えるのは愛ではなく、むしろ虐待に該当する場合があります。
  • id:NAPORIN
    もし毎月数百匹殺されている保健所の野良猫処分を残酷だと思うのなら、だれがそうさせているのかに目をそらさないで、自分の責任のとれる1匹だけの猫をかごにとじこめて獣医に見せにいくべきです。
  • id:NAPORIN
    人間でもおなじことで、結婚が日本では一夫多妻(イスラムのような)になっていないのは、一夫一婦がバランスがよい社会だからです。
  • id:NAPORIN
    心配は与える行為には入りません。どちらかというと、不安をまぎらわしたい自己満足な人が唱える言葉です。
    相手をしずかにしておいてあげるという種類の「心配」しか相手に受け入れられないことのほうが世の中のトラブルでは多いです。
    心配を理由にしたストーカー犯罪もいくらでもあります。
  • id:sekomasahiro
    なるほど。
    ありがとうございます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません