「特許制度は発明家の情熱に利潤という燃料を流し込んだ」

上記のような文言を、米国特許庁かどこかの入口の脇には掲げてあるという話を
何かの本で読んだ記憶があるのですが・・・、検索しても出てきません(泣)。
ご存知の方いらっしゃいましたらぜひ

・ 正しくはどのような文言か
・ 米国特許庁に今でもその文言は掲げてあるか

お知らせいただければと思います。
(アイデアへのフリーライドはやめようと
 会社で呼びかける資料に使いたいと思っています)

よろしくお願いいたします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2018/08/07 15:46:59
  • 終了:2018/08/08 05:38:19

ベストアンサー

id:shiranui No.1

shiranui回答回数11ベストアンサー獲得回数32018/08/07 18:07:24

ポイント100pt

第16代大統領のエイブラハム・リンカーンの言葉です。リンカーンは、特許を取得した唯一の大統領です。
「米国旧特許庁の玄関には、元大統領リンカーンの「特許制度は、天才の火に利益という油を注いだ」(The patent system added the fuel of interest to the fire of genius)が刻まれています。」とのことです。
https://www.jpo.go.jp/seido/s_tokkyo/chizai04.htm
https://plaza.rakuten.co.jp/patent/diary/200512110000/

旧特許庁とあるのは、米国特許商標庁がワシントンDCから移転して今はバージニア州のアレクサンドリアにあるからです。
https://www.soei.com/wordpress/wp-content/uploads/2016/04/75%e8%b1%86%e7%9f%a5%e8%ad%98.pdf

その言葉は、ワシントンDCの商務省本館ビル玄関上の石碑に刻まれていると、画像がありました。
http://www.tokugikon.jp/gikonshi/283/283bridge1.pdf

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません