匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

戸籍(戦後の戸籍制度)で、氏を決めるとき、これは婚姻などで、新たに戸籍を編むときですが、「氏」を、夫の氏でも、妻の氏でもない、新たな氏にしたいときはどうすればいいでしょうか。家庭裁判所に申請しないとダメですか、家庭裁判所で認められるにはどんな理由ならいいでしょうか。これは戦後の話です。


本日、テレビで日本人のなまえという番組を見ていましたら、茶道家元の千家では、子供が婚姻を契機に新たな氏を作った、という話がありました(誤解だとすみません)。千家の伝統なので、家庭裁判所(たぶん、家庭裁判所だと思う)が特別に認めたのであって、普通は無理、絶対無理でしょうか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2018/11/29 22:51:26
  • 終了:2018/12/06 22:55:05

回答(1件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2018/11/30 09:13:15

一旦夫婦のどちらかの姓で届け出た上で家庭裁判所の許可を得て改姓、あるいはどちらかが家庭裁判所の許可を得て改姓してからそちらの姓で結婚、ということになるかと思いますが、いずれにせよ簡単には認められません。
https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%B0%8F%E3%81%AE%E5%A4%89%E6%9B%B4%E5%B1%8A

匿名質問者

さっそくにありがとうございます。
記載してもらった例は、田中さんと佐藤さんが結婚してから、鈴木に変えます(夫婦揃って)という例と、
田中さんが鈴木さに変えてから、佐藤さんと結婚して、その際に鈴木を選択する例ですね。
鈴木という氏を持ってくるときがハードル高いですね。

2018/12/01 12:38:05
匿名質問者

  テレビで紹介のあった例は、伝統なので特別認めただけで、
  ふつうは無理だとおもっておくしかないと認識しました。

2018/12/01 12:39:08

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません