Excelについて質問です。

表で
あ 3
あ 2
い 1
い 3
とあった場合、
あといの最大値をそれぞれ抜き出す式とかありますでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2019/03/17 09:07:29
  • 終了:2019/03/24 09:10:03

回答(2件)

id:ykore52 No.1

ykore52回答回数3ベストアンサー獲得回数22019/03/18 10:04:56

何通りか方法が考えられます。

  A  B
1 項目1 項目2
2 あ   3
3 あ   2
4 い   1
5 い   3

という行列のデータとします。

(方法1)配列数式で MAX( IF() ) 関数を利用する
任意のセルに「=MAX(IF(A2:A5="あ", B2:B5))」という式を入力したあと、
Ctrl + Alt を押したまま Enterを押すと、入力した式が中括弧({})で囲まれたような表示になります。
これは「配列数式」という特殊な数式になります。なお、普通の式を中括弧で囲んだだけでは配列式になりません。
 ※再度、式を編集するとき、Ctrl+Altを忘れると普通の数式に戻ってしまうので注意してください。

(方法2)DMAX関数を使う。
この関数を使うには条件を記述するためのセルを用意する必要があります。

  1. 条件セル:D1セルに「項目1」
  2. 条件セル:D2セルに「="=あ"」と入力します。(「=あ」と表示されます)
  3. 条件セルを入力し終えたら、任意のセルに 「=DMAX(A1:B5, "項目2", D1:D2)」 を入力します。

3番目の引数は条件を記載したセルを範囲で指定します。

  • この場合の条件は「項目1 が "あ" である」を表します。
  • DMAX関数を使うには項目名を付ける必要があります。
  • 条件は複数指定することができるので、例えば次の表のように複雑な条件を指定することも出来ます。

    項目1 項目2
    ="=あ" ="<3"
  → この範囲をDMAXの3番目に指定すると、「項目1 が "あ" かつ、項目2 が 3 より小さい」という条件になります。


(まとめ)
上記いずれかの方法を用いた式を「あ」の場合と「い」の場合の2つを記述すれば終わりです。

id:chirasinouramemo No.2

chirasinouramemo回答回数15ベストアンサー獲得回数12019/03/18 18:20:35

マクロでfunctionを定義する。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません