匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

原子力発電所の廃炉問題について。


フクイチはわかるけど、それ以外はなぜ解体する必要があるのかわからないのです。燃料を抜くなどの措置をして、建物を長期間守る対策をする(チェルノブイリのように外に囲いを設ける?)ほうが、3,40年という期間をかけて大量の放射性廃棄物を生み出して埋設するより安く上がりそうなのに。

ロボットによる廃炉技術が成熟するまでのつもりで既存の建物で保守するといったことも考えられそう。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2019/07/31 00:10:15
  • 終了:2019/08/07 00:15:05

ベストアンサー

匿名回答5号 No.3

匿名回答5号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2019/08/01 11:08:08

実際に、IAEAでは、そのような廃炉方式も定義しています。

原子炉の廃止措置の分類については、国際原子力機関(IAEA)が1975年に「原子炉施設のデコミッショニング(廃止措置)に関する技術報告」(IAEA-179)において、廃止対象とする原子炉施設をステージ1(監視付き貯蔵)、ステージ2(制限付き敷地解放)、ステージ3(制限なし敷地解放)の三段階に分類することを提案している。

https://atomica.jaea.go.jp/data/detail/dat_detail_05-02-01-03.html

↑この文書によると、長期間隔離は設計構造情報の喪失により除去困難に陥る可能性が指摘されているようですね。

その他の回答(2件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2019/07/31 09:27:43

そもそもの安全基準に問題があったから
津波で停電して冷却不可能になりメルトダウンに至ったわけで
その後、再稼働については基準が厳しくなった
というのは知ってると思う
つまり建物を囲えばそれで終わりじゃなく
再稼働するには津波対策までしなきゃならない
効果のほどは怪しいんだが、今は地下水経由で海洋汚染が広まらないよう
原発の地下を凍らせるというプロジェクトが進行中なわけだが
津波対策するには護岸工事が必要だから汚染された地面を掘り返す必要があって
あれ?両方実現するの無理じゃね?っていうのが俺の考え

再稼働するつもりがないなら建物残しておく意味もないし
かといって放置しておけば建物の劣化が進んで新たな火種が増えるだけっしょ

匿名質問者

すみません。的外れであまり参考になりません。

2019/07/31 13:06:26
匿名質問者

質問者から

匿名質問者2019/08/08 14:11:49

どこかで検討されたならウェブ上で見たいです。

匿名回答2号 No.2

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2019/07/31 21:19:35

フクイチやチェルノブは計画されていない廃炉をせざるを得なかった。だから軽水は内部に残ったままだし、水が残れば管は錆びて漏洩する。漏洩すればそれを集めるために対策をする。これが金がかかる。

はじめから計画された廃炉なら必ず水を抜く。放射性物質混じりの水が残っているが、そんなの水だけを取り出せばいいだけ。乱暴な言い方をすれば、海水から塩を取り出したいなら蒸発させればいいだけ。それと同じ。

金がかかるのは想定されていない水の漏洩。計画的に水を抜けるのなら、あとは鉄とコンクリの塊。何十年も残しておく経済的利益がない。それだけ。

>3,40年という期間をかけて大量の放射性廃棄物を生み出して埋設する
危険な放射性廃棄物が出るのは最初だけで、あとは安全な鉄とコンクリだけ。
放射線にさらされ続けたからといって、物質が放射性化することはない。放射性物質が表面に付着しているだけ。水洗いとは言わないが、ちゃんとやれば安く上がる。
廃炉から出たゴミということで馬鹿どもが拒否反応示すから丁寧にやってるだけ

匿名回答5号 No.3

匿名回答5号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2019/08/01 11:08:08ここでベストアンサー

実際に、IAEAでは、そのような廃炉方式も定義しています。

原子炉の廃止措置の分類については、国際原子力機関(IAEA)が1975年に「原子炉施設のデコミッショニング(廃止措置)に関する技術報告」(IAEA-179)において、廃止対象とする原子炉施設をステージ1(監視付き貯蔵)、ステージ2(制限付き敷地解放)、ステージ3(制限なし敷地解放)の三段階に分類することを提案している。

https://atomica.jaea.go.jp/data/detail/dat_detail_05-02-01-03.html

↑この文書によると、長期間隔離は設計構造情報の喪失により除去困難に陥る可能性が指摘されているようですね。

  • 匿名回答3号
    匿名回答3号 2019/07/31 22:15:53
    まあ、使える形でウラニューム原料を遺しておけば、溶融塩炉が一般化されたときに埋蔵資源となるからね。
    歴史の遙か彼方で忘れられた資産として考えるなら、最悪、濃縮して核開発も出来る。
    何万年も経ってからかな・・・?
  • 匿名回答4号
    匿名回答4号 2019/08/01 04:17:52
    また同じ規模の地震があったら全部フクイチとおなじかそれ以上に始末に負えない壊れ方するからでしょ
    「どんな地震があっても大丈夫」という基準が嘘っぱちだってわかったんだから
    その時代のものはとりあえずもう使うのやめとけば
    昭和のクーラーが電気を食うのとおなじだよ

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません