質問の編集履歴

< 前の版

編集後

2013/12/07 15:15:15

陸軍の将官を「将軍」、海軍の将官を「提督」と呼ぶのは、日本語の独自の慣例でしょうか(いつから、どういうふうに決まったのでしょうか。政府が公式に決めたのか、物書きがなんとなく決めたのか)?。漢字の本家の中国語と比べ、日本語独特の言い方なのか、知っている人がいたら回答を頂けると嬉しいです。なお、中国でもこういう使い分けがあるのでしたら、それは、清帝国の末期からか、また、辛亥革命後の中華民国からか、また、中華人民共和国からか、今も続いているのか、どうなのでしょうか。また、韓国では?
現代の軍隊では、陸軍と海軍のほかに、空軍がありますし、軍種も複雑ですから、もはやこういう使い分けは時代遅れかもしれませんが。

歴史的経緯に興味があります。なぜ、使い分けることになったかも含めて・・・

質問ページに戻る