人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近流行りのSEO(検索エンジン最適化)コンサルですが、実際具体的・技術的にどうやってGoogleのPageRankを上げてあげるのかを解説したページはありませんか(HTMLタグをいじる等のコンテンツ最適化は除く)。また、このような技術が氾濫した結果、Web検索の精度自体が変わってしまうことに対して、解説・警告しているページなどがあったら教えてください。

●質問者: watal
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:Google HTML PageRank SEO Web
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● hidemaru
●40ポイント

http://www.kusastro.kyoto-u.ac.jp/~baba/wais/pagerank.html

Google の秘密 - PageRank 徹底解説

http://www.searchdesk.com/view/vptc323.htm

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

前者は存じていました。

後者のKWICは大学で学んだ気がするのですが、Googleの関係というのは新鮮でした。

これをあらゆる言語で(日本語も含め)やってのけるGoogleの技術力はすばらしいですね。

http://www4.famille.ne.jp/~mitemina/kouryaku/hon1/kou37.html

http://www.robot-search.com/search_05g.htm

というようなサイトも見つけました。

すばらしいきっかけをいただけました。ありがとうございました。


2 ● hidemaru
●30ポイント

http://www.gimlay.org/~andoh/hatena/google/

◎質問者からの返答

ああ、次の回答見てよかった!

こんなWeblogがあったんですね。楽しめそうです。

ありがとうございました。

実は、今まで「SEO」って検索エンジンスパムのような悪質な手法ばかりだと思ってましたが、そうではないようですね。

後者のSEOの功罪(もちろん、良質なSEO企業を使った場合ですよ)のようなページもよろしくお願いします。


3 ● myucline
●20ポイント

http://www.seoglobal.com/search-engine-placement/google_pagerank...

もうご覧になったでしょうか。

http://www.seojapan.com/google/google_01.html

PageRank / ページランク 解説 - SEO Japan

一応こちらもあげておきます。

http://www.searchengineoptimization.jp/information/link.html

蛇足かな。

◎質問者からの返答

myucline様、こんにちは。最近大活躍ですね:P

1番目は初見でした。ありがとうございます。

http://www.google.com/technology/pigeonrank.html

こんなのも見つけちゃったり(笑)。

エイプリルフールにかける執念を垣間見ました。

だいたいSEOの手法についてはわかりました。

後半のほうのご回答をお待ちしています!


4 ● jsomekawa
●5ポイント

http://www.zdnet.co.jp/news/0211/06/ne00_google.html

ニュース - ZDNet Japan

最近の検索エンジンに絡んだ問題については、このニュースからたどれる一連の記事が少しは参考になるでしょうか?

http://www.seo-ch.jp/

SEO - 検索エンジン最適化情報チャンネル | SEO‐ch

SEO業者側のサイトです(もう不要かもしれませんが)。ポータルと謳ってます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

これは読んだことありましたが、はい。こんな感じのページを探しています。

これはGoogleのPageRank偏重の現在を説いたものですが、PageRankに限らず、本当はコンテンツ価値がないサイトなのに、大量のカネと労力をかけた結果、(一般の)検索エンジンにばんばん取り上げられてしまうような世の中が来ないかどうか、とか、

そもそも、SEOに支配された結果、検索エンジンは本当に価値あるコンテンツを見つけることができるのか、などといった内容を取り上げたサイトは他にもあるでしょうか?

SEOはセルサイドには便利な技術なのでしょうが、本当のWebの価値というものを失わせてもののような気がしてならないのです。

2番目は、はい、有名なアウンコンサルティングのサイトですね。


5 ● myucline
●10ポイント

http://www.slis.keio.ac.jp/~ueda/semi/99search.html

サーチエンジンにおける検索手法

ちゃんと回答になっているわけではありませんが。

http://www.slis.keio.ac.jp/~ueda/

上田修一 UEDA Shuichi

ここの研究会の中にありました。

卒業論文の方にも多少関連のありそうなものがあります。

http://www.etl.go.jp/~yamana/JEIDA/chapter1/chapter1.html

いろいろな問題点です。

http://www.nicol.ac.jp/~honma/web/access200101.html

「安全な生活」のための情報発信実践から

おまけです。個人的に面白かったので紹介します。

なかなかぴったりした回答はみつかりませんねぇ。

◎質問者からの返答

うーん。検索エンジンそのものの問題点や功罪ではないんですよね。今回の場合。

悪質なSEOに対する対処は各エンジンでやっているようですが、良質なSEOにそもそも問題はないのでしょうか?エンジン事業者はそれを黙って見てるんでしょうか。

Webはそもそも自由なスペースなわけですから、あらゆる資本やコネクションが介在しないところに、本当の精度の高い検索エンジンって生まれる気がするんです。

おまけは楽しませていただきました。

Webならではの分析結果ですよね〜。

こういう情報の視覚化で楽しいものの例も、あとで質問してみたいと思います(あ、これには回答しないでくださいね)。

ありがとうございました。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ