人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

電子メールを送る際、送信者の実名部分の表記にローマ字を使われる方を今でもよく見かけますが、今でもそうすべき理由は何かあるのでしょうか? 日本人同士のメールのやりとりでもローマ字を使うべきだ、いや今はもう日本語を使わない理由はない、等について、正確な根拠をもって示しているサイト等があればお教え下さい。

●質問者: まきのっぴ
●カテゴリ:コンピュータ 科学・統計資料
✍キーワード:サイト メール ローマ字 信者 実名
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● opponent
●14ポイント

http://terakoya.yomiuri.co.jp/shiro/nyumon/05-email/em-step3/kuw...

【受信者が外国でメールを受け取る時や、メーラーによっては、日本語を表示できないときもあるので、名前はローマ字にしておくのが無難です】

「正確な根拠」というほどのものでもないと思いますが、いつ何時、外国宛に出す必要が生じるかわかりませんからね。外国のマシンには日本語はインストールされていない場合が多いわけですから、そのときに困りますね。


2 ● ykid
●14ポイント

http://www02.so-net.ne.jp/~hat/imail/sec08.html

メールのヘッダ部分についての説明です。

http://member.nifty.ne.jp/usr/negi/jheader.html

@nifty:@homepage:終了のお知らせ

メールというよりこれの説明はNewsについての説明ですが、要は同じです。

◎質問者からの返答

MIMEエンコードを行わけなければRFC違反なので当然日本語を使うべきではないのですが、今日一般的に使われているメーラにそのような問題を起こす物、つまり

・MIMEエンコードに対応していないメーラ

・デフォルトの設定だと生JISや生SJIS、生UTF-8などでヘッダを送出してしまうようなメーラ

が実際のところどんなものが存在するのかを知りたいと思っています。

後者のアドレスのおかげで、とりあえず MS Internet Mail & News はデフォルトだと MIME エンコードしないという問題を抱えているようだということはわかりました。ありがとうございます。


3 ● parsley
●14ポイント

http://www.ietf.org/rfc.html

IETF RFC Page

「正確な根拠をもって」と言われると、お約束で出てきてしまうのが、ここです。確かにそうなんですが、これでは答えになっていないと言われてしまいそうです。

メール関係のRFCをまとめて紹介しているページを提示できればよかったのですが、まずはここから。

http://www.mew.org/Newsletters/1.html

E-mail and Japanese

つぎに、ここあたりから読み進めてみるのはいかがでしょうか?歴史的な経緯もわかりますし、さきのRFCを読むための準備体操(?もっとかな?)にもなると思います。

◎質問者からの返答

かつて日本語を使うべきではなかったという過去は認識しているのですが、今日においてもそうだろうか、というところを知りたいと思っています。少なくとも RFC 的には日本語表記は認められているわけですが、今、現実問題としてどうなのでしょう…


4 ● chakio
●14ポイント

http://e-words.jp/

IT用語辞典 e-Words

ここは特に珍しくもないですが、IT関連の言葉に行き詰まった時によく利用しています。

http://e-words.jp/?w=E58D8AE8A792E69687E5AD97

半角文字とは - 意味・解説 : IT用語辞典

http://www.kaiteki-net.com/nettrouble/mojibake/index.html

漢字コードと文字化け

日本語の文字化けについて記載されているサイトです。

結局、サーバーによっては、メールの名前表記が日本語だと、受け付けてくれないものもあるので、必ず起こることではないけれど「不要なトラブルを回避するため」に半角英数を使った方がよい、と私は思います。仕事のメールなどは特にトラブルがない方がいいですしね。


5 ● parsley
●14ポイント

http://www02.so-net.ne.jp/~hat/imail/xlinks.html

「はてな」初心者なので、返答に難しいので<(URI)を探さないと返答できない

ダミー風なURIであることをお許しください。

RFC822は今でも有効ですので、そういうMUAが存在する可能性は考慮する必要があると考えます。日本人同士でそうする必要については…

私は切り替えるのが面倒なので、ローマ字表記にしております。

一方、議論のための議論をしたいのならば、「From:にMIMEを使うのがおかしいというのならば、Subject:にMIMEを使うのもおかしい」という観点で考えてみるのもよろしいかと。とりあえず、通信一般に関しては、「相手との合意がない通信は行うべきではない」という基本原則があるのではないでしょうか?

◎質問者からの返答

From で日本語を使うべきでないとする人が、Subject では普通に日本語を使っていたり、日本語のファイル名の添付を付けていたり、ということはよく見られ、その点については私も不思議に思っておりました。

一般的でない形式での通信を行う際はまず合意を取る、というのは確かに大原則だと思われますが、MIME の使用は今日においてもいちいち合意を確認しなければならないような事なのか、という点が気になっております。

かつての MS-IM のように仕様上の問題を持つソフトが今でも数%以上の普及率で使われ続けている、というような資料があったりすると納得できるのですが…


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ