人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

1854年前後の米中・日米の貿易額を知りたい

●質問者: rabbit
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:前後 貿易
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● opponent
●40ポイント

http://www5a.biglobe.ne.jp/~ryoukan/center/center14.htm

江戸(幕末)

江戸(幕末)

3.幕府は1854年に神奈川条約を締結し、下田・箱館を開港した。また、同様の条約をイギリス、フランス、ロシアとも締結した。

4.安政の五カ国条約によって、下田・神奈川・長崎・新潟・下関で1859年から自由貿易が開始され、国内経済は深刻な影響を受けた。

http://www.izu.co.jp/~p-boo/kaikou.html

下田/開港の歴史

下田/開港の歴史

【ペリーは、次の年1854年(安政元年)、ふたたび艦隊をひきいて、神奈川県(横浜)の海に、いかりをおろし、約束の返事をせまりました。幕府は、ついに、鎖国をやめて、「日米和親条約」という条約を結び、この下田港と、北海道の函館港の2つを開港場とし、外国船の出入りをゆるしました。】

【日米和親条約は、貿易(商品の売り買い)をみとめなかったので、開港場といっても、ただ外国船に出入りをゆるして、航海に必要な、まきや炭、その他、水や食料などの買い入れを許しただけでした。しかし、航海に必要な者のほかに、みやげ物なども売られていたようです。】

【下田が開港場として、さかえたのは短く、1859年(安政6年)日米通商条約が結ばれて、横浜が貿易港として、開港されるまでの、わずか5年間でした。江戸に遠く、けわしい天城山をひかえて、貿易港としては不便だったためでしょう。】

http://www.city.shimoda.shizuoka.jp/form1.php3?pid=78

開港の歴史

【ペリーは、次の年1854年(安政元年)、ふたたび艦隊をひきいて、神奈川(横浜)の海に、いかりをおろし、約束の返事をせまりました。

幕府は、ついに、鎖国をやめて、「日米和親条約」という条約を結び、この下田港と、北海道の函館港のふたつを開港場とし、外国船の出入りをゆるしました。】

【日米和親条約は、貿易(商品の売り買い)をみとめなかったので、開港場といっても ただ、外国船に出入りをゆるして、航海に必要な、まきや炭、その他、水や食料などの買い人れをゆるしただけでした。

しかし、航海に必要な物のほかに、みやげ物なども売られていたようです。

ペリーの書いた本に、「江戸、その他から、美しい品物が、いっぱいもちこまれた。」とあるのは、その事実をものがたっています。このように、下田が開港場としてさかえたのは短かく1859年(安政6年)日米通商条約が結ばれて、横浜が貿易港として開港されるまでの、わずか5年間でした。】

http://www.natsuzora.com/may/town/kaiko-shiryokan.html

横浜線沿線 街角散歩 - 横浜開港資料館

横浜線沿線 街角散歩 - 横浜開港資料館

【日米和親条約によって日本が開国したとは言え、この条約は貿易を承諾したものではなかった。日米間の貿易開始の交渉の任を負っていたハリスだったが、ようやく将軍家定への拝謁が許されたのは翌1857年(安政4年)のことだった。ハリスは合衆国大統領の親書を手渡し、貿易交渉に入るが、この交渉は度々の延期を重ね、遅々として進まなかった。】

以上、1854年は、通商条約が結ばれていませんでしたので、日米貿易は建前上、なかったことになります。ただ、別個に交渉していた沖縄との貿易、ヤミ貿易に関して知ることは困難だと思います。

とりあえず日米間貿易のみ。

◎質問者からの返答

開国前の日米間貿易は分かりました。有難うございました。できれば開国後の日米間、開国前後の米中間もお願いします。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ