人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

プライベートビーチのあるホテルなんかがありますが、その海自体はホテルのものなのでしょうか。田舎のほうでは山を2つ3つ持ってる人は普通だったりしますが、海の土地の所有権というのは、個人や企業が不動産としてか何か他の方法で、持つことが出来るのでしょうか?もし個人・企業のものなら、例えば別の海岸からはるばる泳いできたり舟で、プライベートビーチのほうまで来てしまった場合、家宅侵入罪かなにかになってしまうのですか?

●質問者: deigo
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:プライベート ホテル 不動産 他の方法 企業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● シオン
●60ポイント

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/7009/m0008332.htm

海洋法条約1

大仰な入りですいません…国際海洋法条約により。まず「海」の所有権等は原則として国に帰属します(主権として)。

ですから、海それ自体を個人や企業が所有することはできません。

その意味で、まず、「海自体」がホテルのものとなる、ということはありません。ですから船で『プライベートビーチとされる水域』に

進入しても、接岸しない限り家宅侵入罪に問われることは原則ないでしょう(原則です、後述)。

http://www.houko.com/00/01/S31/101.HTM

海岸法

但し、海岸は土地です。一応海岸法というものが別にあって、海に面したいわゆる波打ち際などは

この法律によって管理者が定められている(国または公共団体、ないしはそれらの許可を受けた者による)のが普通です。

プライベートビーチとなるのは、ホテル等がその管理許可を得た上で「海岸線の」排他的利用を主張した場合です。海ではありません、海岸です。

許可が降りていれば、そこは間違いなくプライベートビーチですから、個人の山1つ2つと同じ感覚で、進入の禁止を為し得ます。

もっとも海岸線は通例公有ですから、プライベートビーチであり立ち入り接岸などが禁止される旨公示する看板などを立てておかないと当該権利を主張することは出来ないと考えられます(明認方法とも言いますが…「分からせなきゃ特別な権利は主張できないよ」の意です)。

http://db.zaq.ne.jp/asp/bbs/jttk_baace201_1

ZAQ掲示板・会議室システムエラー

さてところで。(後述の部分です)

これのNo.107とNo.108のやりとりから、プライベートビーチは

いわゆる「宅地」の扱いを受けていることが分かります。

ここからだけ引き出すのは根拠薄ではありますが、たとえば「一目でそのホテルのプライベートビーチだと分かる形状」の

海岸線であれば、海面も含めてそのホテルの「宅地」としての管理権が及ぶことがあり得ます。

要は誰が見ても「家の中のプール」と同じようにしか見えない「ホテル『内』の海岸」の場合、ですね。海岸を掘って海水を引き込んであるところなどでしょうか、

最近のプレジャーボートなら乗り入れられるかもしれません。「川などの外部水域と隣接する宅内プール」と同じ扱いですから、そこに入り込めば「管理者の監守する」域内への侵入ということで家宅等侵入罪になりえます。

…えー、おやくそく的ですが、本発言に則って行動された場合の法的責任は負いかねます(;´д`)

◎質問者からの返答

やはり国のものですね。わかりやすくてご丁寧な説明ありがとうございました。

プライベートビーチなんて横暴じゃないの?と思ってたのですが、海岸の管理許可を得ている、「宅地」の扱いになるというのに納得です。

海岸法や海洋法条約など、他の国も同様なのかな〜と興味を持ってしまいました。じっくり読んでみます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ